介護・福祉の最新ニュース

次世代アルツハイマー病治療剤「elenbecestat」 試験結果を学会発表

2018-07-27 14:00

アルツハイマー病協会国際会議にて発表
エーザイ株式会社および米バイオジェン社は2018年7月26日、経口βサイト切断酵素(BACE)阻害剤「elenbecestat」の臨床第2相試験における詳細結果を、アルツハイマー病協会国際会議(AAIC2018)にて発表したことを明らかにした。

同試験は、軽度認知障がいおよび軽度から中等度のアルツハイマー病を対象として実施されたもの。AAIC2018は、7月22日から26日にかけて米国イリノイ州シカゴにて開催された。

エーザイが創製したBACE阻害剤
「elenbecestat」は、エーザイが創製したBACE阻害剤であり、次世代経口アルツハイマー病治療剤として現在開発が進行している。

BACEは、アミロイド前駆体タンパク質のβサイトを切断するAβ産生の律速酵素。「elenbecestat」は、このBACEを阻害することによってAβ産生を抑制する。この抑制が、毒性種と考えられる脳内Aβのオリゴマーやプロトフィブリルへの凝集、またその後のアミロイドプラーク(老人斑)形成を減少させる効果を持つと考えられている。

同剤は現在、アルツハイマー病に関する2つのグローバル臨床第3相試験が進行している。

有害事象の発現率はプラセボ投与群では同様
今回AAIC2018にて結果が発表された「elenbecestat」の臨床第2相試験では、アルツハイマー病患者70人を4投与群に割り付け、投与18カ月間を通じての安全性および忍容性などが評価された。同試験において、有害事象の発現率は「elenbecestat」投与群とプラセボ投与群では同様となり、「elenbecestat」の用量依存性や副作用も確認されなかったという。

(画像は写真素材 足成より)


▼外部リンク

Elenbecestatの臨床第2相試験結果の詳細をAAIC2018にて発表 - エーザイ株式会社
https://www.eisai.co.jp/news/2018/pdf/news201865pdf.pdf

キーワード: 総合

関連ニュース

認知症になる可能性を早期に発見する機械学習プログラム

認知症になる可能性がある人を早期発見2018年7月26日、ジョージ・アンド・ショーン合同会社は、認知症になる可能性がある人を早期発見できる、機械学習プログラムの実証実験の第1期終了を発表した。 ジョージ・アンド・ショーン合同会社が開発した…

続きを見る

早期アルツハイマー病が対象の「BAN2401」試験結果 米学会にて…

アルツハイマー病協会国際会議にて発表エーザイ株式会社および米バイオジェン社は、2018年7月26日、抗アミロイドβ(Aβ)プロトフィブリル抗体「BAN2401」の臨床第2相試験における詳細結果を、アルツハイマー病協会国際会議(AAIC201…

続きを見る

国立長寿医療研究センター アルツハイマー病に関する論文が国際科学雑…

『Human Genetics』誌に掲載国立研究開発法人 国立長寿医療研究センターは、2018年7月19日、同センター臨床ゲノム解析推進部・重水大智ユニット長が共著者を務めたアルツハイマー病に関する論文が、国際科学雑誌に掲載されたと発表した…

続きを見る

WWIP 日中医療・介護技術交流協会の運営業務を受託

介護のノウハウなどを中国にて提供株式会社ワールドワイド・アイピー・コンサルティングジャパン(以下「WWIP」)は、2018年7月19日、一般社団法人 日中医療・介護技術交流協会(以下「JCMC」)の運営業務を受託したと発表した。 WWIP…

続きを見る

東大 軽度認知障がいにおける認知機能低下の加速因子を同定

認知症の前段階と考えられる軽度認知障がい東京大学大学院医学系研究科は、2018年7月17日、軽度認知障がいにおける認知機能低下の加速因子を同定したと発表した。 軽度認知障がいは、認知機能が同年齢と比較して有意に低下しているが、日常生活では…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る