介護・福祉の最新ニュース

高齢者の介護職員へのセクハラ問題解決を模索するセミナー開催 島根

2018-07-28 13:30

7月17日に松江市で、7月18日には浜田市で開催
有限会社 齋藤アルケン工業は、2018年7月27日、高齢者の介護職員へのセクハラ問題解決を模索するセミナー『高齢者介護の性について考えよう』について、開催レポートを発表した。

同社は、介護事業を展開している企業。このセミナーは、本年7月17日に島根県松江市で、7月18日には同県浜田市にて、同社が開催したもの。

「職員を守り離職防止に繋げて欲しい」
介護現場における高齢者の性の問題はこれまで、見て見ぬふりや、あるいは認識の低さから対応が適切に行われないのが、常態化していた。また、介護者からのセクハラに関しても「犯罪」という認識が薄く、「我慢するのが当然」「力量不足」といった風潮があった。こうした要因から、介護者の離職や支援拒否といった事態が生じ、昨今の介護現場において重大な問題となっている。

現状において介護の従事者は、「高齢者にも性欲がある」という事実について教育がなされていないと、齋藤アルケン工業は考える。そして「高齢者といえど性欲はあり、置き去りにされている高齢者の性について理解することで、介護現場の質を向上させ、職員を守り離職防止に繋げて欲しい」という願いを込め、今回のセミナー開催に至ったという。

「被害を受けても言えない環境を改善したい」
同セミナーでは、介護現場における実情についての講演、セクハラを受けた場合に備えるワークショップ、そして厚生労働省が定めた指針への取り組みに関する情報提供などが行われた。参加者からは、「介護施設を一歩でるとセクハラは犯罪であるということに気づかされた」「被害を受けても言えない環境を改善したい」といった声が寄せられたという。

同社は今後、広島県でも介護職員離職防止にも繋がるセミナー『高齢者介護の性について考えよう』を開催するとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

セクハラは犯罪です!介護現場の常識を変える勉強会開催しました - 有限会社 齋藤アルケン工業
https://hohoemilife-shimane.com/1278/

介護事業者向けにセクハラ問題解決を模索セミナーを開催 - @Press
https://www.atpress.ne.jp/news/162181

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

認知症への理解を深めよう

認知症サポーター養成講座2018年9月11日、盛岡市は「認知症サポーター養成講座」を開催する。 「認知症サポーター養成講座」では、認知症の症状と診断、治療と予防など、基礎知識を学ぶ。認知症への理解を深めることで、認知症の人や家族、介護者の…

続きを見る

認知症の治療法「リコード法」を日本人向けにした1冊

最新認知症治療法株式会社主婦の友社は、日本における認知症研究の第一人者、白澤卓二医師が執筆した「Dr.白澤のアルツハイマー革命 ボケた脳がよみがえる」を2018年7月11日に出版した。 同書は、米国で9割が改善した認知症の治療法「リコード…

続きを見る

歩行分析から認知症の予防につなげる仕組みを開発

3社が共同開発ZEROBILLBANK JAPAN株式会社(ゼロビルバンク ジャパン)・沖電気工業株式会社・株式会社no new folk studio(ノーニューフォークスタジオ)の3社は、靴にセンサーや無線通信機能を組み込むことで歩行時…

続きを見る

「介護のしごとinまつど 合同就職相談会」8月8日開催 千葉・松戸

千葉県介護人材確保対策事業として開催千葉県松戸市は、2018年8月8日、『介護のしごとinまつど 合同就職相談会』を開催する。 同相談会は、千葉県介護人材確保対策事業として、松戸市特別養護老人ホーム連絡協議会が主催するもの。同市内に立地す…

続きを見る

認知症カフェ運営講座 北海道

認知症カフェに関心があれば誰でも参加可能朝日新聞厚生文化事業団は、9月に「認知症カフェ運営講座」を開催する。同講座は「認知症カフェ」に携わっている人、行政担当者、地域で認知症の人を支える活動に参加できそうな人などであれば、誰でも参加すること…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る