介護・福祉の最新ニュース

認知症への理解を深めよう

2018-07-28 22:15

認知症サポーター養成講座
2018年9月11日、盛岡市は「認知症サポーター養成講座」を開催する。

「認知症サポーター養成講座」では、認知症の症状と診断、治療と予防など、基礎知識を学ぶ。認知症への理解を深めることで、認知症の人や家族、介護者の気持ちを理解して、接し方を習得する。

また、認知症サポーターについて説明するほか、相談窓口や関係機関を紹介する。講師は、松園・緑が丘地域包括支援センターのキャラバンメイトが務める。

会場へのアクセス
「認知症サポーター養成講座」は、13時30分より開始(終了は15時)、開場と受付は13時の予定だ。

会場は高松地区保健センター(〒020-0102盛岡市上田字毛無森2-11)となる。会場へのアクセスは電車の場合、IGRいわて銀河鉄道「厨川駅」(JR山田線「上盛岡駅」)で下車後、徒歩26分。

路線バスの場合、「盛岡駅-龍泉洞前」に乗車、「更の沢バス停」(「長嶺バス停」)で下車後、徒歩15分。「県営野球場前バス停」で下車の場合、徒歩17分。

車の場合、東北自動車道を利用、「盛岡IC」から4.9km。「滝沢IC」からは7.8km、「盛岡南IC」からは8.7kmである。

持ち物
「認知症サポーター養成講座」は、申し込みや費用は不要だ。持ち物は筆記用具(以前に受講した人は、テキストを持参)、対象者は一般、盛岡市民、盛岡市内で勤務している者。

(画像は盛岡市のホームページより)


▼外部リンク

盛岡市
http://www.city.morioka.iwate.jp/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

認知症の治療法「リコード法」を日本人向けにした1冊

最新認知症治療法株式会社主婦の友社は、日本における認知症研究の第一人者、白澤卓二医師が執筆した「Dr.白澤のアルツハイマー革命 ボケた脳がよみがえる」を2018年7月11日に出版した。 同書は、米国で9割が改善した認知症の治療法「リコード…

続きを見る

高齢者の介護職員へのセクハラ問題解決を模索するセミナー開催 島根

7月17日に松江市で、7月18日には浜田市で開催有限会社 齋藤アルケン工業は、2018年7月27日、高齢者の介護職員へのセクハラ問題解決を模索するセミナー『高齢者介護の性について考えよう』について、開催レポートを発表した。 同社は、介護事…

続きを見る

歩行分析から認知症の予防につなげる仕組みを開発

3社が共同開発ZEROBILLBANK JAPAN株式会社(ゼロビルバンク ジャパン)・沖電気工業株式会社・株式会社no new folk studio(ノーニューフォークスタジオ)の3社は、靴にセンサーや無線通信機能を組み込むことで歩行時…

続きを見る

「介護のしごとinまつど 合同就職相談会」8月8日開催 千葉・松戸

千葉県介護人材確保対策事業として開催千葉県松戸市は、2018年8月8日、『介護のしごとinまつど 合同就職相談会』を開催する。 同相談会は、千葉県介護人材確保対策事業として、松戸市特別養護老人ホーム連絡協議会が主催するもの。同市内に立地す…

続きを見る

認知症カフェ運営講座 北海道

認知症カフェに関心があれば誰でも参加可能朝日新聞厚生文化事業団は、9月に「認知症カフェ運営講座」を開催する。同講座は「認知症カフェ」に携わっている人、行政担当者、地域で認知症の人を支える活動に参加できそうな人などであれば、誰でも参加すること…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る