介護・福祉の最新ニュース

認知症になる可能性を早期に発見する機械学習プログラム

2018-07-29 22:00

認知症になる可能性がある人を早期発見
2018年7月26日、ジョージ・アンド・ショーン合同会社は、認知症になる可能性がある人を早期発見できる、機械学習プログラムの実証実験の第1期終了を発表した。

ジョージ・アンド・ショーン合同会社が開発した、この機械学習プログラムは、端末を付けた人から情報を収集して、認知症の可能性を予知、検知する。

高い精度
ジョージ・アンド・ショーン合同会社の機械学習プログラムは、「位置情報」、「会話情報」、「睡眠情報」を利用する。予知と検知の精度は高く、高齢者の認知症の場合、約80~92%の高精度を誇る。

「位置情報」は、端末(なくしもの防止&見守り用端末(タグ)、「biblle(ビブル)」)を使用して、収集した移動データだ。

端末である、モバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」を部屋に設置すると、ロボホンとの対話データが収集できる。睡眠時データはセンサ付きベッドで収集する。

認知症の社会的コスト
認知症患者の増加に伴い、認知症の社会的コストは年々増えている。

認知症は進行段階がある。軽度認知しょう害(MCI)期で適切な療法、治療を行うと、14~44%程度回復することが可能だ。

ジョージ・アンド・ショーン合同会社の機械学習プログラムは、認知症の可能性の早期発見をつうじて、回復と進行を遅らせることを目指す。
  
(画像はジョージ・アンド・ショーン合同会社のホームページより)


▼外部リンク

ジョージ・アンド・ショーン合同会社
https://george-shaun.com/

キーワード: 総合

関連ニュース

早期アルツハイマー病が対象の「BAN2401」試験結果 米学会にて…

アルツハイマー病協会国際会議にて発表エーザイ株式会社および米バイオジェン社は、2018年7月26日、抗アミロイドβ(Aβ)プロトフィブリル抗体「BAN2401」の臨床第2相試験における詳細結果を、アルツハイマー病協会国際会議(AAIC201…

続きを見る

次世代アルツハイマー病治療剤「elenbecestat」 試験結果…

アルツハイマー病協会国際会議にて発表エーザイ株式会社および米バイオジェン社は2018年7月26日、経口βサイト切断酵素(BACE)阻害剤「elenbecestat」の臨床第2相試験における詳細結果を、アルツハイマー病協会国際会議(AAIC2…

続きを見る

国立長寿医療研究センター アルツハイマー病に関する論文が国際科学雑…

『Human Genetics』誌に掲載国立研究開発法人 国立長寿医療研究センターは、2018年7月19日、同センター臨床ゲノム解析推進部・重水大智ユニット長が共著者を務めたアルツハイマー病に関する論文が、国際科学雑誌に掲載されたと発表した…

続きを見る

WWIP 日中医療・介護技術交流協会の運営業務を受託

介護のノウハウなどを中国にて提供株式会社ワールドワイド・アイピー・コンサルティングジャパン(以下「WWIP」)は、2018年7月19日、一般社団法人 日中医療・介護技術交流協会(以下「JCMC」)の運営業務を受託したと発表した。 WWIP…

続きを見る

東大 軽度認知障がいにおける認知機能低下の加速因子を同定

認知症の前段階と考えられる軽度認知障がい東京大学大学院医学系研究科は、2018年7月17日、軽度認知障がいにおける認知機能低下の加速因子を同定したと発表した。 軽度認知障がいは、認知機能が同年齢と比較して有意に低下しているが、日常生活では…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る