介護・福祉の最新ニュース

MRIで自閉症特有の脳の動きを発見 福井大

2014-06-27 06:30

幼少期の早期発見や治療などの応用に期待
福井大子どものこころの発達研究センターを中心とした共同研究チームが、磁気共鳴画像装置(MRI)で、発達障がいの一つである「自閉症スペクトラム障がい」特有の脳の動きを確認したと6月18日に発表した。
(画像はホームページより)

研究により、脳にある2つの部分の連携が、障がいのある人は弱い傾向にあることが分かった。今回の発見は、6月11日の電子版英科学雑誌「Molecular Autism」に掲載された。

自閉症スペクトラムの診断は、診断基準もあるが行動観察によって診断される。このため、医師によっては判断に差がつくことがあるという。そういった点からも、今回の発見が客観的な判断指標につながることが期待される。

安静状態の脳活動パターン
自閉症スペクトラムの傾向は、脳の中にある、相手の気持ちなどを理解する内側前頭前野と、過去の出来事を思い出したり、他人と自分を比較したりする後部帯状回(たいじょうかい)の活動の連携が弱いことにある。

MRIで撮影する時間は約8分。目を閉じてリラックスした状態で調べる。同センターの調査で、自閉症スペクトラムと診断された16~40歳の男性19人と、障がいがない19~35歳の男性21人をMRIで調べたところ分かった。これが判断の目安となるかもしれない。

女性や幼児などでも同じような結果になるのか。今後の研究に注目していきたい。


▼外部リンク

福井大子どものこころの発達研究センター
http://www.med.u-fukui.ac.jp/cdrc/

研究成果の発表
http://www.med.u-fukui.ac.jp/cdrc/img/

キーワード: 総合

関連ニュース

認知症になる可能性を早期に発見する機械学習プログラム

認知症になる可能性がある人を早期発見2018年7月26日、ジョージ・アンド・ショーン合同会社は、認知症になる可能性がある人を早期発見できる、機械学習プログラムの実証実験の第1期終了を発表した。 ジョージ・アンド・ショーン合同会社が開発した…

続きを見る

早期アルツハイマー病が対象の「BAN2401」試験結果 米学会にて…

アルツハイマー病協会国際会議にて発表エーザイ株式会社および米バイオジェン社は、2018年7月26日、抗アミロイドβ(Aβ)プロトフィブリル抗体「BAN2401」の臨床第2相試験における詳細結果を、アルツハイマー病協会国際会議(AAIC201…

続きを見る

次世代アルツハイマー病治療剤「elenbecestat」 試験結果…

アルツハイマー病協会国際会議にて発表エーザイ株式会社および米バイオジェン社は2018年7月26日、経口βサイト切断酵素(BACE)阻害剤「elenbecestat」の臨床第2相試験における詳細結果を、アルツハイマー病協会国際会議(AAIC2…

続きを見る

国立長寿医療研究センター アルツハイマー病に関する論文が国際科学雑…

『Human Genetics』誌に掲載国立研究開発法人 国立長寿医療研究センターは、2018年7月19日、同センター臨床ゲノム解析推進部・重水大智ユニット長が共著者を務めたアルツハイマー病に関する論文が、国際科学雑誌に掲載されたと発表した…

続きを見る

WWIP 日中医療・介護技術交流協会の運営業務を受託

介護のノウハウなどを中国にて提供株式会社ワールドワイド・アイピー・コンサルティングジャパン(以下「WWIP」)は、2018年7月19日、一般社団法人 日中医療・介護技術交流協会(以下「JCMC」)の運営業務を受託したと発表した。 WWIP…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る