介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

これって医療行為?ヘルパーができる事・できない事

介護現場で「これって、医療行為?」と対応に悩む事はないだろうか?前回の「ヘルパーができる事・できない事の説明はどう対応する?」でも少し触れたが、身体介護の中でも医療行為に関係する内容についてヘルパーができる行為かどうか、その線引きは難しい。今回は介護職が行う事のできる「医療行為でないもの」について考える。

関連記事:ヘルパーができる事・できない事の説明はどう対応する?

関連記事:サービス開始時のアセスメントの重要性

関連記事:ヘルパーの調理援助 - スキルアップを図るには?

緩和されたヘルパーの医療行為とその範囲

 平成17年に厚生労働省から、医療行為についての通知が出された。「医師法第17条及び保険師助産師看護師法第31条の解釈について(通知)」を要約して紹介する。

介護職が行う事のできる「医療行為でない行為」

  1. 水銀体温計・電子体温計による腋下の体温測定、耳式電子体温計による外耳道での体温測定
  2. 自動血圧測定器による血圧測定
  3. 新生児以外で入院治療の不要な者へのパルスオキシメータ装着(注1)
  4. 軽微な切り傷、擦り傷、やけど等について専門的な判断や技術を必要としない処置(汚物で汚れたガーゼの交換を含む)
  5. 軟膏の塗布(褥瘡の処置を除く)
  6. 湿布の貼付
  7. 点眼薬の点眼
  8. 一包化された内服薬内服(舌下錠の使用も含む)
  9. 座薬の挿入
  10. 鼻腔粘膜への薬剤噴射の介助

 ただし、5〜10については、事前に本人又は家族からの具体的な依頼に基づき、医師の処方・薬剤師の指導を受け、看護師の指導を遵守した医薬品を使用し介助する事。

医師法、歯科医師法、保険師助産師看護師法、の規制対象となる行為

  1. 爪を切る事、爪やすりによるやすりがけ爪と周囲に異常がなく、かつ糖尿病等の疾患に伴う専門的な管理が必要でない場合
  2. 歯ブラシや綿棒、又は巻き綿子などによる歯、口腔粘膜、舌に付着した汚れの除去
  3. 耳垢の除去(耳垢塞栓の除去を除く)
  4. ストマ装着のパウチにたまった排泄物の廃棄(肌に装着したパウチの取り替えを除く)
  5. 自己導尿の補助としてのカテーテルの準備、体位の保持
  6. 市販のディスポーザブルグリセリン浣腸器を用いた浣腸(注2)

(平成17年厚生労働省「医師法第17条及び保健師助産師看護師法第31条の解釈について」通知より作成)

注1:「パルスオキシメータ」は動脈血酸素飽和度(サチュレーション)を図る測定器のこと。洗濯バサミの様な機器を指先に挟んで測定する
注2:「ディスポーザブルグリセリン浣腸器」とは、使い捨てで挿入部の長さが5?6センチメートル程度、グリセリン量は成人で40グラム程度の物

 ヘルパーがこの通知を正しく理解し、介助する際に、ケアプランの位置づけと方法を確認することが当然必要となる。しかし、ケアマネジャーによっては、線引きが難しい部分を「グレーな部分」として、ケアプランに明記しようとしない場合があり、それが問題だ。

次のページは・・ これは果たして医療行為なのか?

キーワード: サービス提供責任者 , 医療と介護の連携 , ヘルパー

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 1
賛成 12
中立 0
反対 1
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 該当する記事はありません
ページの先頭に戻る