介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

家族介護者を支える仕組み作り - 名古屋市瑞穂区の取り組み vol.3

前回書いた「オレンジカフェ」開催にあたり、「模擬オレンジカフェ」という、ホリデープランのお試し会を5月末に開催した。このプレイベントを開いたのは、本番の「オレンジカフェみずほ」開催へ向けて、モニター役や運営スタッフに参加してもらうことで利用者側の視点を盛り込み、カフェの担い手となる協力者を得ることが目的である。

関連記事:名古屋市瑞穂区の取り組み vol.1

関連記事:名古屋市瑞穂区の取り組み vol.2

プレイベント「模擬オレンジカフェ」開催の目的と概要

 前回と話が前後して恐縮だが、オレンジカフェを開催するにあたり、5月25日に私たちはデモ開催として、「模擬オレンジカフェ」というプレイベントを開いた。その目的は、

  1. 私たちと共に担い手となってくださる市民の方に、利用者側の目線に立った生の意見を出していただき、企画に反映させていく
  2. 実際にロールプレイを行い、担当者同士でイメージ・ビジョンの共有を図る
  3. オレンジカフェ本格開催時に協力いただける市民ボランティアを募る

である。

 当日は、オレンジリング取得者(認知症サポーター)で利用者モニター役である14名と、運営スタッフ8名が参加する運びとなった。モニターの皆さんに体験していただくために設定したプランは以下の通りである。

場所

主要駅から徒歩5分以内の民間介護事業者の研修室(40名ほどが入れる)

内容

  • 認知症をテーマにしたミニ講座(30分程度)
  • コーヒー・紅茶・ソフトドリンクを用意した無料ドリンクコーナー
  • 認知症デイの利用者が作ったお茶請け用のクッキー
  • 介護に関する情報コーナーとして、専門書籍も含めた閲覧コーナー
  • おしゃれなテーブルクロスや花を飾った、談話スペースを3ヵ所(本番は5時間程度の開催を予定しているが、今回は1時間半縮小版で実施)

 今回の企画の概要の説明とひと通りの内容を体験していただいたのちに、3つのグループに分かれて40分程度の意見交換会を行った。

次のページは・・ ミニ講座や認知症デイからのクッキー提供など、今後に向け方向性が決まる

キーワード: 介護家族 , 認知症

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 1
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 該当する記事はありません
ページの先頭に戻る