介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

家族介護者を支える仕組み作り−名古屋市瑞穂区の取り組み vol.5

男性限定で開いた「オレンジカフェナイト」の取り組み。男性介護者しかいない環境だからこそ、話せる愚痴や悩みなどが分かち合いとなり、盛り上がりを見せた。参加した人からも次回を期待する声が多くきかれた。

関連記事:名古屋市瑞穂区の取り組み vol.1

関連記事:名古屋市瑞穂区の取り組み vol.2

関連記事:名古屋市瑞穂区の取り組み vol.3

関連記事:名古屋市瑞穂区の取り組み vol.4

男性の介護者を支える「オレンジカフェナイト」開催の試み

 9月19日に男性介護者を対象にしたオレンジカフェナイトを開催した。このねらいは、日ごろご家族の介護をされている男性介護者の方に、お酒を交え、ふだん話せない愚痴や相談を話していただこうというものである。男性介護者に限定した理由は、先行して取り組まれている同市南区の事例の報告によると、男性のみしかいない環境だからこそ話せる、弱音や愚痴など本音があり、男性同士ならではの分かち合いができたという。

 なかには、女性の介護者も参加したいという声もあったが、試行的に男性限定とすることになった。

第1回オレンジカフェナイトの概要
場所 瑞穂区内のデイサービスセンター
開催時間 19:00〜21:00
内容
  • 男性介護者と男性支援者のみのアルコールを含めた懇談会
  • 介護が必要な家族がいても参加できるよう、開催時間中に別室で対応できる場所とスタッフを配置する
  • 特別な催しはなく、要介護者と支援者が混ざり合うように座り、思い思いの話ができるようにする
  • なお、今回はおつまみとアルコール込のフリードリンクで参加費1000円をいただくこととする
男性介護者 7名
要介護の当事者 1名
男性支援スタッフ 9名
女性支援スタッフ 5名

次のページは・・ 参加された方の声

キーワード: 介護家族 , 認知症

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 4
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 該当する記事はありません
ページの先頭に戻る