介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

家族介護者を支える仕組み作り−名古屋市瑞穂区の取り組み vol.6

瑞穂区発のオレンジカフェ。第三弾は名古屋の文化でもある喫茶店を舞台にした『オレンジカフェモーニング』。開催のねらいは、瑞穂区内でも学区を絞り込み、その地域に住んでいる方を対象に、なじみの地域資源を活用して、自然体でその地域に住む方々のつながりの輪を深めて広げていくことを目的としている。

関連記事:名古屋市瑞穂区の取り組み vol.1

関連記事:名古屋市瑞穂区の取り組み vol.2

関連記事:名古屋市瑞穂区の取り組み vol.3

関連記事:名古屋市瑞穂区の取り組み vol.4

関連記事:名古屋市瑞穂区の取り組み vol.5

朝の短時間だから参加できる人がいる

 オレンジカフェモーニングは、瑞穂区内の2学区を中心に町内会長や民生委員などの地域の顔役、その地域を担当しているケアマネジャーらを通じて呼びかけを行った。会場はその地域にある喫茶店で30ほど席があり、その一角を貸していただく形だ。昼間に時間の取れない人を対象に、短時間参加できるカフェとして5〜10名の参加を見込んでいた。

 この企画を考えたのは、実際にお仕事をされているある介護家族の方だ。「ふだんは仕事でまず行けないが、朝のこの時間なら何とか参加できるから、開催してくれればぜひ参加しますから」と声をかけてくださったのがきっかけだ。参加人数は少ないかもしれないが、今までつながれなかった方と知り合ういい機会になれば、という期待を抱いて開催に臨んだ。

第1回オレンジカフェモーニングの概要
開催日 平成26年11月19日
場所 瑞穂区内の喫茶店
開催時間 8:00〜10:00
内容
  • 8:00〜30分ほどモーニングを食べながら隣席の方と懇談を楽しむ
  • 8:30〜30分ほど認知症についてのミニ講座。『わたしの手帳』を活用して「認知症の当事者の気持ちを理解してあげられる人になろう」をテーマに話をする
  • その後、専門職もテーブルに加わりテーブルごとに座談の輪を拡げ交流する
参加費 一人350円(モーニング付き)

次のページは・・ 想像を超えた出席者数。開催の成果が新しい発見と気づきに

キーワード: 介護家族 , 認知症

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 3
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 介護職、親の介護に直面して

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る