介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

2017年介護現場の「あつれき」に注意

2017年が明け、多くの介護施設・事業者は、今年1年の事業運営に頭を巡らせていると思います。新しい総合事業の全面スタートや、介護職員の処遇改善に向けた介護報酬の期中改定なども控える中、地域資源としての足場をどのように固めていくべきでしょうか。

関連記事:介護職員の給与アップを実現するには

関連記事:介護保険法改正から見る今後

関連記事:介護職の社会的評価を上げるには?

2015年度改定で介護事業悪化の収支が顕著に

 まず、厚労省から提示された「2016年度介護事業経営概況調査の結果(案)」を見てみます。それによれば、介護保険施設や居宅サービスについてはおおむね収支差率が悪化、一方で従事者の給与費割合は上昇しています。

 基本報酬の引き下げと処遇改善加算の引き上げにかかる影響が、そのまま現れたという点では、ある程度予想された数字でしょう。ちなみに、居宅介護支援の収支差率は改善されていますが、それでも依然としてマイナスで、逆に給与費割合は悪化しています。処遇改善加算の恩恵を受けないケアマネにとっては、これからも厳しい状況が続くと言えます。

 注意したいのは、サービス種別の平均では収支差率が依然プラスであっても、もともとぎりぎりでやっている事業所がマイナス収支に落ち込んでいる様子も目立つことです。たとえば、基本報酬の引き下げ幅が大きかった通所介護では、マイナス収支へと転落した事業所が2割台から3割台へと増えています。

収支悪化が生み出す「現場のクッション摩滅」

 問題は、「給与比率が増えている分、現場としては結果OK」──というわけにはいかない点です。介護現場は地域環境の変化や利用者の状態像によって、常に変動しやすい状況にさらされています。そこから生じる現場負担を最小限に抑えるには、環境変化の衝撃をやわらげる「クッション」が必要です。

 その「クッション」整備には、従事者の給費引き上げ以外に臨機応変の対応が必要です。ところが、収支差率が悪化していけば、「現場の働きやすさ」を整えるための投資も後回しになりかねません。たとえるなら、高齢者の膝関節の間の軟骨がすり減るようなものです。どんなに骨を強化しても、軟骨がすり減ってしまえば、膝が痛んでうまく歩けなくなり、転倒事故なども増えるでしょう。介護現場が直面しているのは、まさにこの状況です。

 社会福祉法人の黒字幅が増えているというニュースがありましたが、これは「将来的な基本報酬のマイナス」をにらんで法人が萎縮し、必要な「クッション投資」に踏み切れていない状況を現わしているとも言えます。そうした法人側の姿勢には批判されるべき点もあるでしょうが、現実問題として社福の萎縮が強まっている点には注意が必要でしょう。

次のページは・・ 利用者や地域を巻き込んだ自己防衛策が必要

キーワード: 介護職員処遇改善加算 , 介護事業経営実態調査 , 介護保険制度

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 2
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 該当する記事はありません
ページの先頭に戻る