介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

リハ職がカバーできない介護職の役割

9月6日の介護給付費分科会では、PT・OT・STの各団体からのヒアリングが行われました。現行の介護保険によるリハビリで、各職能がどのような役割を果たしているかが事例とともに紹介されています。ここで気になるのが、チームリハにおける介護職の役割です。

関連記事:自立支援に必要なリハビリテーションマネジメント

関連記事:麻痺があってもジーンズを格好良くはきこなす

関連記事:ビッグワードを明確に−介護現場に必要なノンテクニカルスキルにおける問題解決フレーム1

リハ職の支援が多角化する中でのチームケア

 ヒアリングでは、利用者の「活動」「参加」に向けて、リハビリ専門職が地域に出向いて支援を重ねる状況が語られています。特に、2015年度改定で定められた「生活行為向上リハビリ」により、居宅外・事業所外での社会参加に向けた訓練(公共交通機関の利用や店舗での買い物等を通じた実践的な訓練)の機会も拡大しつつあります。と同時に、多様な地域参加の場面で、リハビリ職がいかに多職種との連携を図っているかも示されました。

 そのうえで、PT・OT・STそれぞれの専門性に応じた多角的な支援ができる点を強調しています。また、訪問看護ステーションに所属する各リハビリ職が、他の介護保険事業所に対して「外付け機能」の発揮といった提案もなされました。全体として、介護保険におけるリハビリ専門職の役割にかかる基準の緩和と評価の拡大が示唆されているわけです。

 確かに、利用者の「活動」「参加」に向けた目標を拡大していく場合、リハビリ専門職の「かかわり」の範囲を広げていくことは、今後も介護保険施策における重点課題となっていくでしょう。一方で、チームケアにおける多職種連携においては、その中での「介護職の役割」をいかに評価するかという点をもっと掘り下げる必要がありそうです。

次のページは・・ 要介護者の「曲線的」な社会参加を考える

キーワード: リハビリ , チームケア , 自立支援

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 1
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 排泄に関するある施設の取り組み

    • ●0
    • ●0
    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る