介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

3年後を見すえて考えるべきこと

2018年が始まりました。介護報酬・基準の改定をはじめ、改正介護保険法等の本格施行、在宅医療・介護連携推進事業の完全実施など、大きな変化が一気にやってきます。目先の対応に手一杯となりがちですが、あえて「さらに3年後を見すえる」ことを考えます。

関連記事:多様化する通所介護について

関連記事:ヘルパーの持つべきプロとしての意識とその影響

関連記事:通所介護議論は、その環境変化を視野に

私たちが選択できる介護保険の未来を求めて

 介護現場の人々にとって、「さらに3年後など見すえる余裕はない」というのが実感かもしれません。しかし、国が推し進める制度の見直しは、すでに2025年(あと7年)以降を視野に入れています。3年後に再び訪れる報酬・基準改定は、2025年に向けた総仕上げであり、今回の改定以上の激流が予想されます。

 その時に、介護保険制度が今の姿であるか否かについて、悲観的な観測をする人もいるでしょう。「ますます第2医療保険化が進み、介護業務に従事することの存在意義が失われていくのでは」という人もいるかもしれません。ここで考えたいのは、介護保険の主人公は、あくまで利用者とそれを支える現場の人々であること。つまり、一部の施策者ではなく、私たちが選択できる未来もあるはずという希望を失ってはならないということです。

 そのためにも、これから3年後に国がやろうとしていることをきちんと見極め、自分たちの選択に向けて何を準備し、何ができるのかを考えていくことが大切となります。

次のページは・・ 前々回改定で布石が打たれていた機能向上策

キーワード: 介護報酬 , 自立支援 , 介護保険制度

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 新処遇改善加算は効果を上げたか?

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る