介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

「自立支援強化」と「利用者の尊厳」

自立支援・重度化防止が主軸の18年度報酬・基準改定案。当事者の自立が進むこと自体は望ましいことですが、忘れてならないのは、あくまで「自立支援」は利用者の「尊厳保持」の手段ということです。ADL等の「自立」だけが極端に目的化してしまうと、時として「本人の尊厳保持」が置き去りになりかねません。

関連記事:3年後を見すえて考えるべきこと

関連記事:今改定で現場の「人」は守れるか?

関連記事:生産性よりも健全性を優先した議論を

訪問介護の改定で道筋がひかれた自立支援策

 今回の報酬改定案において、「自立支援・重度化防止」にかかるポイントはいくつもあげられます。主だったものとしては、リハビリ系サービスのリハビリ・マネジメント加算における医師の関与の強化、生活機能向上連携加算の対象サービス拡大、通所介護におけるアウトカム評価の導入などが見られます。

 そうした中で取り上げたいのは、「訪問介護」にかかる自立支援・重度化防止の促進策。具体的には、生活援助の人員緩和・基本報酬引き下げと同時に示された「自立生活支援のための見守り的援助の明確化」です。

 言うまでもなく、これは老計10号通知「訪問介護におけるサービス行為ごとの区分等について」の「身体介護1-6」を、より明確に示すことです。これにより、現行の生活援助の中から、「利用者のできる部分は自分でやってもらいつつ、ヘルパーが(見守り等を行ないながら)一緒に行なう」ことが可能なものを抽出すれば、身体介護へと切り替えやすくなる可能性があります。生活援助の新たな人員基準(新研修修了者)への対応が追い付かないケースも想定される中、従来の介護専門職を生活援助に充てざるを得ない事業者は、積極的にかかわることになるかもしれません。

次のページは・・ 現場に強いジレンマが生じてしまう懸念

キーワード: 訪問介護 , 自立支援 , 介護保険制度

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 総合事業の危機、地域はどう対処?

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  2. 10月からの福祉用具貸与の展望

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る