介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

セクハラを「個人の問題」にしない

UAゼンセン日本介護クラフトユニオン(NCCU)が組合員を対象に行なった調査で、3割の介護職員が利用者や家族からセクハラを受けた経験があるという結果が明らかになりました。介護現場ではかなり以前から「セクハラ」のみならず利用者・家族からのさまざまなハラスメントの問題が指摘されています。解決の道筋を考えてみましょう。

関連記事:介護・福祉職が受ける研修の捉え方

関連記事:施設職員が考える、人材育成とマネジメント

関連記事:リスクマネジメントについて

セクハラ対応は組織のリスクマネジメント

 利用者や家族から介護職へのさまざまなハラスメントを解決するうえで、「利用者・家族への啓もう・啓発を行なう」といった利用者教育にかかる提言が行われることがあります。確かに、利用者・家族を含めた社会全体の認識を転換していくことは、長期的に見れば地道に行なわれるべきテーマでしょう。

 しかし、従事者を雇用する運営法人として、社会認識の醸成を待っているだけでは不十分です。こうしたセクハラなどの問題は、現場の介護従事者を追い詰め、その結果として彼らの心身の健康を損なったり、早期離職のリスクを高めたりします。これは法人の安定した介護事業運営を大きく揺るがす要因です。

 その点では、現場従事者が受けるハラスメント被害は経営に直結するリスクととらえるべきでしょう。セクハラ等への対策は組織上のリスクマネジメントが必要となるわけです。

 組織上のリスクマネジメントの基本は、以下の2つです。1つは、現場で生じているリスクを潜在化させずに組織として掌握し対応策を講じること。2つめは、すでに発生している問題について、当の従事者に解決負担を負わせるのではなく、組織内の専門チームで集中的な解決に乗り出すことで当事者への影響を最小限に抑えることです。

次のページは・・ 「個人の問題へのすり替え」を防ぐために

キーワード: リスクマネジメント , ヘルパー , 人材マネジメント

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 心を一つに、工夫で乗り切る

    NEW!
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  2. 生活援助中心型ヘルパー導入、その影響と現場で求められるものと…

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る