介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

被保険者による介護保険理解に危うさ

日本医師会総合政策研究機構が、「認知症をはじめとする高齢者の健康にかかわるアンケート調査」の結果を公表しました。かかりつけ医や認知症介護などをめぐる意識調査が中心となっていますが、ここでは介護保険制度に対する被保険者の受け止め方に着目します。

関連記事:介護保険制度改正に思うこと

関連記事:認知症の人を在宅・地域でどう支えていくか?

関連記事:介護保険は自立支援ではなかったのか

介護保険をよく知らないのに持続性を不安視

 今回の調査対象は、40~79歳の約1500人で、対象者全員が介護保険の被保険者となっています。その対象者に「認知症全般に関わる不安・心配事」を尋ねたところ、「現在の介護保険制度がどうなるのか(継続されるのかどうか)心配だ」という項目で、「そう思う(60.7%)+ややそう思う(22.2%)」の回答がトップとなっています。

 私自身、身近な人から介護の相談を受けることもありますが、「サービスにかかる費用」や「どのようなサービスが利用できるのか」、「どこに相談すればいいか」といった質問が多いという印象があります。しかしながら、先の調査では、お金の不安やサービスの心配事よりも「制度そのものへの不安」が上回っているわけです。普通に考えれば、それだけ「制度に対する関心が高い」ことの現れと言えそうですが、実際はどうでしょうか。

 制度への関心について、同調査内の「介護保険制度の認知状況」を見てみましょう。結果としては、「よく知っている」が6.5%、「まあ知っている」が30.3%。両者を合わせても「知っている」は4割に達していません。つまり、介護保険のことを「知らない」という被保険者が大半を占める中で、「制度の持続性への不安」がトップを占めるという、見方によっては矛盾する結果が認められるわけです。

次のページは・・ 複雑化する制度が「不安」に直結している?

複雑化する制度が「不安」に直結している?

 こうした矛盾をどう考えればいいのでしょうか。たとえば、介護保険のことを「よく知らない」ゆえに、「保険財政がひっ迫している」という情報への反応だけが先行し、それが不安を助長している面があるのかもしれません。

 仮にそうであるなら、被保険者自身が、「介護保険の主人公は自分たちである」という理解から引き離されたまま、制度の成り行きを傍観せざるをえない状況に置かれているとも言えます。もっとも、被保険者側を責めるわけにはいきません。そもそも、それだけ介護保険制度が複雑であり、国民にとってすんなり入り込めない状況も考えられるからです。

 この3年の間、一律1割負担だったところに、2割、3割が導入され、どのサービスにも細かい加算がつくために利用料の内訳も複雑化しています。要支援者の予防訪問・通所介護は、市町村が運営する総合事業なるものへ移行しましたが、その総合事業も介護保険財源で運営されています。では何が違うのかというあたりも、被保険者ですんなり理解できる人は少ないのではないでしょうか。

 そんな中で、「(複雑な改革は)持続可能性を高めるため」とアナウンスされればどうなるでしょう。「こんなにも複雑な制度にしなければ持続が難しいというなら、これから先、安心して介護保険を使うことができるのか」という戸惑いが生じるのも無理ないことです。

ケアマネ等と被保険者の間の認識にも溝が…

 問題は、被保険者の「介護保険制度の持続への不安」だけが独り歩きしたとき、(利用者負担にも影響する)介護報酬アップに対して理解が得にくくなるという懸念です。

 介護サービスを担う側としては、「職業人として歩んでいくだけの報酬の拡充は欠かせない」と考えるのは「当たり前」のことです。ところが、その「当たり前」の認識が被保険者(利用者側)と共有できない──そんな空気が膨らんでいるのではないでしょうか。

 今回の調査で、もう一つ気になるのは、「認知症の疑いがある場合、相談したい相手」という質問項目です。これを見ると、トップは「認知症の専門医」、2位は「同居家族・親族」、3位は「かかりつけ医」、4位は「市区町村の窓口」という具合で、介護保険制度の柱となるケアマネはおろか、包括も出てきません。

 「要介護認定前の相談という状況であれば仕方ない」という見方もできますが、それにしても、介護資源と被保険者の間の日常的な距離感が開いていると言わざるをえません。介護保険を現場で担う人々と(まだ介護サービスを利用していない人も含む)被保険者との間の考え方の溝を、地域の中でいかに埋めていくか。介護側の職能団体や事業者団体としても、真剣に考える時期が来ています。

関連記事:介護保険制度改正に思うこと

関連記事:認知症の人を在宅・地域でどう支えていくか?

関連記事:介護保険は自立支援ではなかったのか

キーワード: 政府 , 認知症 , 介護保険制度

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 該当する記事はありません
ページの先頭に戻る