介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

通所介護における送迎サービスは、単なる送り迎えではない

通所介護事業所における送迎サービスとは、上手に運転するだけでは成り立たない。「おもてなしの心」と「介護に対する理解」が不可欠である。それを共有するために「送迎サービスマニュアル」作成をお勧めしたい。

関連記事:通所介護サービスにおける「送迎サービス」の位置づけとは

関連記事:デイサービスのあり方について考える

関連記事:デイサービス利用者の本音 - 私の名前は「おばあちゃん」ではない

送迎サービスは、運転できれば仕事として成り立つものなのか?

 前回の原稿では、送迎サービスとは1日のサービスにおける始まりの「掴み」と終わりの「締め」にあたる部分を担い、サービス提供者の「心構えと笑顔ひとつ」で「幸せな1日、ひととき」をご利用者に演出できる大事な位置づけであることを述べました。

 今回は「送迎サービスを組み立てる際の必要な価値観」とは何か?ということについてお話したいと思います。

 時々、質問を受けることがあります。「送迎サービスは、ただ運転すればサービスとして成り立つものでしょうか?」と……。答えは「それだけでは不完全」です。

 確かに送迎車両を上手に運転できる技術・マナーがあることは心強いのですが、さらに求めたいのは、運転手のサービスに対する姿勢であり、ご利用者に対する「おもてなしの心」と「介護に関する理解」です。

 運転技術に加え、それら2つの要素を併せ持って初めて、通所介護事業所での「送迎サービス」が完成していくと思っています。

次のページは・・ 送迎とは自宅から一歩踏み出したときの「最初のサービス」である

キーワード: デイサービス

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 2
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 該当する記事はありません
ページの先頭に戻る