介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

介護報酬改定を受けて小規模デイ経営者が思うこと vol.1

今回の介護報酬改定では、小規模デイへの減算率が高く、経営難に直面する事業所も多いときく。3回のシリーズで、小規模デイの経営者である筆者が、改定の影響と今後の方向性について考えた。

関連記事:第6期介護保険制度改正の危うさ

関連記事:平成27年度介護報酬改定解説vol.1−報酬改定で「重度化防止」が崩れる!?

関連記事:介護報酬改定 vol.1 来年度からのデイサービスのゆくえ

小規模デイへの風当たりの強さ

 2月6日の第119回介護給付費分科会にて、平成27年度介護報酬改定の内容が明らかになりました。今回の改正は全体で2.27%のマイナス改定となりました。一昨年あたりから特別養護老人ホームと小規模通所介護への風当たりは強く、この二つは改定率も大きかったです。

 小規模通所介護を経営する筆者として思うところを、3回にわたって述べていきたいと思います。

年間240万円の減益に・・

 やっぱり一番気になるのは、どの程度収益が落ちるのか? です。今年の1月ベースで試算して年間240万円ほどの減益という結果が出ました。ウチのような零細企業には大変大きな数字です。社会保険の扶養内で働きたいような非常勤スタッフを2名雇える額です。

 事業所の収支状況によって、赤字に転落してしまうとこ、ペイラインくらいでとどまるとこ、なんとか黒字を維持できる維持できるとことさまざまでしょうから、今後の対応もまた事業所によってさまざまでしょう。

 固定費に関しては、スタッフの給与を減らすところもあるかもしれませんし、スタッフの雇用を減らすところもあるかもしれません。役員報酬を減額してなんとかするところもあるかもしれませんし、人件費以外の固定費を削ってなんとかできるところもあるかもしれません。

次のページは・・ ダメージを減らすための加算だが、そう簡単には取れない現状

キーワード: 介護報酬 , デイサービス

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 1
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. サ高住入居者の「置かれた立場」に注意

    • ●0
    • ●0
    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る