介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

介護報酬改定を受けて小規模デイ経営者が思うこと vol.2

連載2回目は、一事業所の経営者の立場から観点を移し、もっと広い視野に立って小規模デイへの改定の影響について考えてみたい。

関連記事:介護報酬改定を受けて小規模デイ経営者が思うこと vol.1

関連記事:平成27年度介護報酬改定解説vol.1−報酬改定で「重度化防止」が崩れる!?

関連記事:介護報酬改定 vol.1 来年度からのデイサービスのゆくえ

増えすぎた小規模デイ、利用者さんの取り合いの弊害も・・

 確かに小規模デイは増えすぎました。供給過多で利用者さんの取り合いのようになっている地域も多いと聞きます。利用者さんのアセスメントによって導き出されたニーズを満たすために、本当にデイサービスが必要なのか? 訪問系のサービスではなんとかならないのか? と思うこともあります。経営者がこういうことを言うと「経営者失格!」なんて言われそうですが、経営者がお金の話ばかりしているのは正直あまり好きではありません。経営者って経済的なことだけを考えているわけではないので、経営者=お金のことを考える人みたいなイメージで語られるのは嫌ですね。

 なんのためにこの事業、この会社があるのか。何のために小規模通所介護があるのか。小規模デイサービスはこれからの先の時代にマッチしていくものなのか。税金や保険料を払う人は減り、そのお金を使う人は増えるという時代です。

メリットは利用者さんと距離が近くてスタッフ間の一体感も得やすい

 小規模デイの良さは確かにあります。小さな事業所は職員と利用者さんの距離も近く、物理的な距離が近いと見守りしやすく駆けつけやすいというメリットがあります。また、動線が短い分利用者さんと接する時間も多くなりますから、心理的な距離も縮まりやすいと感じます。大勢いるところに行きたくないという利用者さんもいらっしゃいます。スタッフ数も少ないですから、スタッフ間の派閥なども生まれにくく、一体感を得やすいと感じます。情報伝達もあっという間です。

 しかし、このようなメリットにお金をかけている時代ではないということなのかもしれません。大規模な事業所のほうが、利用者さん一人当たりにかけるお金(=介護報酬)は少なくて済みます。いわゆるスケールメリットというやつです。

 さらにメディアでは、小規模デイの劣悪な環境や虐待事件などの特集が組まれたりもしていました。一部の質の悪い事業所が全体の評判を下げてしまい、お泊りデイ=劣悪な環境、というイメージがついているような気もします。全部がそうというわけではないんですけどね。

次のページは・・ いちばん辛いのは、定員10名超だが稼働率が低く、小規模の報酬算定をしていたデイ

キーワード: 介護報酬 , デイサービス

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 0
反対 1
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 該当する記事はありません
ページの先頭に戻る