介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

介護職の「キャリアパス」とは vol.2

前回は、介護職員の能力を評価することは、とても大事なことだが、数値化できなかったり客観的に評価しづらい部分がある、というお話をしました。ではいったい、能力って何なのでしょうか?

関連記事:介護職の「キャリアパス」とは vol.1

関連記事:介護職でしか解決できない専門性を

関連記事:過酷な夜勤は職員と利用者を危機に晒す

現場スタッフは、会社からどういう点を評価してほしいのか?

 弊社では、現場スタッフ(介護職員)に「どういうところを評価してほしいか」というテーマでブレインストーミングを行いました(社内会議の一場面です)。すると次のようなものが上がってきました。

 ざっと羅列すると

  • 認知症の基礎知識がある
  • 介助がうまい(身体構造に合わせた介助ができる)
  • 緊急時や事故の対応ができる・家族への介護指導ができる
  • プライバシーの保護、羞恥心への配慮
  • 本心を聞き出す力
  • 親しくなっても礼儀正しい
  • 視線を合わせてコミュニケーション
  • 誘導が上手い(その気にさせる)
  • 本質的に優しいと思わせる
  • 笑顔がいい
  • 相手に合わせた会話ができる
  • 話題を豊富に持っている
  • 雰囲気の切り替えがうまい
  • 言葉遣いや態度がていねい
  • 挨拶がしっかりできる
  • 利用者に対し人生の先輩として接している
  • ワード、エクセル、パワーポイントなどを使える
  • パソコンのタイピングが速い
  • 誰が判断すべきことなのか判断できる
  • スタッフの変化に気づき声をかけられる
  • 一つ先まで考えて行動できる
  • 上司に対して言いにくいことも上手に提案できる
  • 仲のいい悪い関係なく必要であれば注意できる
  • 利用者宅を覚えるのが早い(送迎)
  • 手芸ができる
  • 勤務表を組める
  • 楽しんで仕事をしている
  • 手際が良い
  • 大工仕事ができる
  • 踊りが上手い
  • 盛り上げ上手
  • 他者の前でプレゼンができる
  • チャレンジ精神旺盛
  • 変化を柔軟に受け入れられる
  • 整理整頓や掃除が上手い
約5分でこれだけの数が出てきました。

 数値化しやすいもの、評価しにくいもの、先天的な資質や後天的に身につけられるものなどいろいろです。介護職員特有のものとは言えないものも多くあります。

 これらをどう適正に評価し、キャリアアップしていけたらいいのでしょうか? なかなか難しい問題です。

次のページは・・ キャリア段位制度の活用などもひとつの方法に

キーワード: 介護スキル , 人材マネジメント , 介護保険制度

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 2
中立 0
反対 2
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. あなたはどちらに向いている?大規模施設と小規模施設の特徴やメ…

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る