介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

介護サービス事業所にとってのケアマネジャー

通所系、訪問系、入所系など介護サービスにはいろいろな事業所がありますが、それらのサービスとは一線を画すのが、居宅介護支援事業所=ケアマネジャーです。介護サービス事業所にとってケアマネジャーというのはどのような存在なのでしょうか? 利用者さんを紹介してくれる人? 現場のケアに口出しをしてくる人? 何をしているのかわからない人? 現場の介護職員にとってケアマネジャーとは?

関連記事:ケアマネの公務員採用を考えてみる

関連記事:同居家族が居る世帯の生活援助をどうする? vol.1

関連記事:高齢者にとって満足のいく最期とは?

ケアマネジャーにはいったい何が問われる?

 ケアマネジャーがどういうことをする人かは、介護保険法第79条第2項第2号にこう書かれています。

 「要介護者等からの相談に応じ、及び要介護者等がその心身の状況等に応じ適切な居宅サービス又は施設サービスを利用できるよう市町村、居宅サービス事業を行う者、介護保険施設等との連絡調整等を行う者であって、要介護者等が自立した日常生活を営むのに必要な援助に関する専門的知識及び技術を有する者として政令で定める者」

 現場職員との接点は、事業所への訪問や電話、サービス担当者会議などで利用者さんの様子についていろいろ聞かれたりすることが主だと思います。ケアマネジャーといってもさまざまで、サービス事業所のスタッフに対してまるで自分の部下であるかのように指示的だったり、“利用者さんについての情報はサービス事業所のほうがもっている”ととても謙虚に接してくれる方もいれば、機械的に給付管理を行い、利用者さんの情報提供にあまり関心を示さない方もいます。

 個人的には、ケア“マネジャー”という言葉が表すとおり、ケアマネジャーにはマネジメント力が問われると考えています。

次のページは・・ ドラッカーのマネージャー論にあてはめてみると……

キーワード: ケアプラン , ケアマネジャー

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 0
反対 1
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. ケアマネジャーと医師は連携できる?

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る