介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

介護職員の人材育成の現状と課題 vol.1

介護保険制度施行から15年を迎え、介護人材は高齢化率に比例して順調に増加してきたが、2000年を境に、離職率が高まる傾向を見せ、高齢者人口がピークに達する2025年に向けて大きな不安を残している。人材育成と教育の現場に携わる筆者から見た「介護人材とは?」について考える。

関連記事:介護職の離職率は、そんなに高いのか - 人材確保・定着について1

関連記事:介護を「やりがい」ある仕事として続けるには? - 人材確保・定着について2

関連記事:人手不足感がやや改善?その深層は

今後、介護職員の増加は見込めない

 介護職員の数は、介護保険創設時(平成12年)に約55万人であったのが、平成24年の時点で約169万人と12年で約3倍になりました。1年で約9万人ずつ増えてきた結果となります。

参考:厚生労働省 第2回社会保障審議会福祉部会福祉人材確保専門委員会資料 平成26年11月18日

 これだけ見ると、量的整備が進んでいると言えるかもしれません。

 団塊の世代がすべて75歳以上の後期高齢者となる平成37年(2025年)には、237〜249万人の介護職員が必要となる、と厚生労働省は叫んでいます。年に9万人ずつ増える計算でいくと、13年後には約100万人以上増加するはずですから、たしかに足りることにはなります。

 しかし、2000年ごろを境に日本の人口は減少の一途をたどり、ご存じのとおり、若年層の人口が減っていきます。そのため、労働者人口は今後増えることはなく、介護職員の増加が計算通りになるのは難しいと思われます。

次のページは・・ 離職率は全産業と比べても多い

キーワード: 離職 , 人手不足

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 6
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 該当する記事はありません
ページの先頭に戻る