介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

気になるリバースモーゲージのメリット・デメリット

現在、大きな家に住んでいながら現金はないという高齢者が増えています。年金が安いため節約して暮らしたのに、亡くなってから不動産を売却するとお金が残ってしまう。そのお金、生きている間に使いたいものですね。そこで最近話題になっているのが、「リバースモーゲージ」です。

関連記事:高齢者施設の「住環境整備」のあり方とは?

関連記事:高齢者を守る防災・減災のポイント3 - 「互助」の視点から

関連記事:高齢者が安心して暮らすために

リバースモーゲージとは?

 住宅や土地などの不動産を担保として、一括または年金の形で定期的に融資を受け取ります。受けた融資は利用者の死亡・転居や相続などで契約終了した時点で担保不動産を処分しそれを充てます。これが、リバースモーゲージという制度です。

 リバースモーゲージには、公的プランと民間金融機関の商品があります。都道府県の社会福祉協議会では、貧困対策の一つとして主に市町村税を免除されている家庭を対象に提供されているようです。そして民間の金融機関では、逆に年収が一定以上あること(年収が5万円以上に設定されていることが多い)が条件になっています。

両方に共通する条件として、
  • 自分名義の一戸建てに住んでいる単身世帯または夫婦世帯であること
  • 契約時に判断能力があり代理人ではなく本人の契約が必要
が挙げられます。

 一般的には、不動産の資産価値の8割まで借りることが可能です。手持ちの現金がなく、年金だけでは生活に不満を感じているという人たちにとっては、画期的なアイデアといえるでしょう。

次のページは・・ リバースモーゲージのデメリット

キーワード: 住環境 , 防災・減災

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 該当する記事はありません
ページの先頭に戻る