介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

在宅介護と口腔ケア

最近、口腔が汚いことが原因で、肺炎になりやすいことが指摘され話題になっています。口腔ケアと言えば、「虫歯」や「歯石除去」などが思いつくでしょう。しかし適切な口腔ケアを行えば、身体の不調を改善することができるようです。

関連記事:適切な口腔ケアで老後の生活をイキイキと

関連記事:同居家族が居る世帯の生活援助をどうする? vol.1

関連記事:在宅医療・介護の促進における特定看護師導入の利点とは

介護分野での口腔ケアの大切さ

 2012年の診療報酬改定では「在宅歯科医療の推進」が大きな柱となりました。歯科訪問診療料の対象者を増やし、歯科訪問診療料の点数をアップ。そのうえ、歯科訪問診療補助加算の新設や急性歯科疾患対応加算の見直しにより、これまで以上に評価されることになったのです。また、「口腔衛生管理体制加算」というものもあり、一定の条件によって「30単位/月」が加算されます。

 介護の現場では、どうしても入浴や排せつ介助などが優先されてしまいます。そのため、口腔ケアをあまり丁寧に行えていないのが現状です。特に嚥下障害がある高齢者は、歯磨きした際のうがいができません。そのため、口腔をきれいに保てている方は少ないでしょう。

 しかし口腔ケアについては、「口の中にある残滓を除去し、きれいにする方法がわからない」という技術的な問題があります。また、入れ歯が合わずつけられない、あるいは口臭が強いなど、気になることは多いようです。

次のページは・・ かかりつけ医と歯科医の連携

キーワード: 口腔ケア , 医療と介護の連携 , 訪問介護

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 該当する記事はありません
ページの先頭に戻る