介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

退院支援を行う際のMSWとケアマネジャーとの連携

連携における懸念点

 ケアマネジャーとMSWの連携については、気になることもありました。それは、「病院にケアマネジャーの仕事内容があまり知られていないのではないか」ということ。家族関係などケアマネジャー側の情報はもらっているのに、病院側はAさんの治療内容や症状について、ケアマネジャーへの情報提供時にAさんと家族が了承しなければならないところもあるのです。

 退院して違う施設に移る、あるいは新たに老人ホームへ入所するときには、必ず健康状態について聞かれます。そのため、ケアマネジャーとの情報共有は必須です。

 もうひとつ、退院しても外来で通院しなければならないことは多いのに、外来の医療スタッフとの連携について触れている病院が少ないことも挙げられます。外来で治療を受けている中、病状が悪化して再入院ということはよくあるでしょう。外来での症状変化を病棟でも共有できると、入院手続きもスムーズに進むのではないかと思います。

 ケアマネジャーに対しては、「医療知識が少ない」という意見が聞かれます。病院側が期待しているレベルの知識は、やはり知っていなければなりません。これは、できれば更新研修の際に取り入れてほしいものです。

 病院内での調整を担うMSW、そして退院後の生活を支援するケアマネジャー。それぞれの役割を分け、その間をくまなく連携させることで、入院した高齢者が安心して治療を受けられるようにしていきたいですね。

関連記事:在宅でQOLをあげる−PT・OTと連携する重要さ

関連記事:完璧すぎる嫁〜自分の居場所がなくなる時・同居介護の難しさ〜

関連記事:新施設類型で「玉突き現象」が加速!?

キーワード: 地域包括ケアシステム , 医療と介護の連携 , ケアマネジャー

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 1
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 地域のSW機能を高めるための道筋

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る