介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

在宅介護は「見放されたこと」なのか

現在の介護関係施策では、「住み慣れた家で死を迎える」ということに重点が置かれています。しかし「在宅介護は、本来国がやるべきことを家族に押し付けている」と思う人、あるいは「心配だから」「大変で面倒を見きれないから」という理由で施設介護を希望する人が多いのが現状です。在宅で見ることに不安があったり、どのようなサービスがあるか知らなかったりするため、「在宅は介護サービスから見放された」と思ってしまうことが少なくありません。では、安心して在宅介護サービスを提供するためには、どうすれば良いのでしょうか。

関連記事:高齢者ファーストで、行政はもっと制度の周知の努力と支援を

関連記事:みんなお家がいいんです

関連記事:介護離職防止の助成金にプラスαを

在宅介護の必要性

 現在の介護施策では、「多くの人が『住み慣れた家で最期を迎えたい』と思っているに違いない」という前提から、在宅サービスを提供しています。ところが、実際は「介護=施設」と受け止める人が多く、なぜ在宅で介護しなければならないのか納得できないところもあります。

 例えば認知症が進んで、徘徊したり弄火の危険があったり、夜中に騒いだりする場合。そうなれば、家族だけでみることは無理でしょう。こうした際にすぐにプロが来てくれるなら、安心できるはずです。あるいは、「親だって介護の素人である家族に世話してもらうより、介護のプロ集団に世話してもらった方が幸せではないか」という考え方もあります。

 在宅介護では、入所施設よりお金がかからないという前提で進められてきました。しかし本当に、在宅介護は入所施設より安くつくのでしょうか。

 家族が離職すると、収入がなくなって税収が減ります。また、人的資源や土地の活用を考えると、一か所に集約した方が効率的ともいえるでしょう。現在の社会的な在宅介護の状態は、ディサービスなどは時間が短すぎて使えず、介護離職は避けられません。そのため、「施設に入った方がいい」といわれるのも当然ではないでしょうか。

次のページは・・ 在宅介護を理念通り実行するためには?

キーワード: 介護離職 , 介護家族 , 介護保険制度

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 1
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. サ高住入居者の「置かれた立場」に注意

    • ●0
    • ●0
    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る