介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

宮川明子

40代,女性,平成17年にケアマネージャー資格を取得後、養護老人ホームにて生活支援員を10年経験。また自宅にて母の介護から看取りまでを行った。現在はライター業等で活動中。

宮川明子の記事一覧 (68)

  1. サムネイル

    “香り”は脳を元気にする

    最近、アロマオイルと脳との関係、特に認知症との関係について話題になっています。一般にはアロマテラピー…

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  2. サムネイル

    死を受け入れるための援助……誰がどのように寄り添っていくのか

    担当していた人の死。多くの介護関係者は、耐えがたい悲しみを抱くと言います。あるいは仕事と割り切りつつ…

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  3. サムネイル

    ケアマネジャーと社会福祉協議会の連携

    社会福祉協議会の主な仕事は「地域福祉」と「ボランティア」。地震の影響により、現在は熊本に集まったボラ…

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  4. サムネイル

    身元引受人がいないとサービスが受けられない?

    最近は“家族の在り方”が大きく変わったため、高齢者の生活も様変わりしてしまいました。その影響から、「…

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  5. サムネイル

    疲れていれば、いい仕事はできない……認知症の暴力・暴言への対応

    施設を利用している高齢者からの暴力や暴言。受ける側としては、とても辛いものです。高齢者の虐待は社会問…

    • ●2
    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 2
  6. サムネイル

    サ高住はニーズに応えられるか

    2011年、「高齢者住まい法」が改正されました。これによって始まったのが、介護・医療と連携して高齢者

    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 1
  7. サムネイル

    孤立した男性高齢者の住まいと支援

    最近問題になっている「孤独死」。近所の人が異変を感じ通報するまで、誰にも亡くなったことを知ってもらえ…

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  8. サムネイル

    物忘れ外来ではどのような治療をするの?

    最近、規模の大きい病院で、「物忘れ外来」「認知症外来」などの診療科を見かけるようになりました。ここで…

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  9. サムネイル

    ささやかながら難しい「家に帰りたい」という思いの実現

    これまで問題視されていた「機械による延命治療」が減り、現在はQOL「ターミナルケア」の重要性が高まっ…

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  10. サムネイル

    在宅でQOLをあげる−PT・OTと連携する重要さ

    初めて『リハビリテーション』と聞いたときは、いろんな器具が並んでいる部屋で行われるものを想像していま…

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0

記事別新着コメント

 もっと見る

コチラのオーサーもどうぞ

ページの先頭に戻る