介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

『かいごの学校からP.E.I.P.まで』インタビュー後編−『P.E.I.P.』で介護の専門性の高さを証明する

介護職の労働条件を改善し、専門性の高さを社会に認知させたい、という熱い想いが、聖徳大学心理・福祉学部社会福祉学科准教授で介護労働学を専門とする篠崎良勝さんをつき動かしてきた。大学の教え子である学生たちに対しても、介護という仕事の深さを本当の意味で理解してもらい、卒業後の仕事に役立ててもらうために、『P.E.I.P.』という学びのツールを研究・開発し、実際の授業で活用している。カードゲームをするように気軽に扱えるのが魅力だ。介護職としての視点を確認し、観察力を直観的に養うのが目的だ。対外的には介護職の視野の広さ、ケアの深さを見える化するだけでなく、見せる化して知らせることができる画期的なツールでもある。インタビュー後編はその内容を中心に語っていただいた。

関連記事:『かいごの学校からP.E.I.P.まで』インタビュー前編−介護職をサポートし、エールを送り続けたい!

関連記事:『未来をつくるkaigoカフェ』インタビュー前編−自由に集まり介護を語り合う「場」に

関連記事:『ミライ塾』インタビューvol.1−介護の人手不足を補う新しいしくみは、新聞奨学生の経験から生まれた

「清掃」ひとつとっても確認項目は60以上!もある

―現在の大学准教授というお立場では、自らの研究と同時に、学生を教える仕事も重要ですね。学生さんたちには、実際にどのような教育をされていますか?

 社会福祉全般を教えています。福祉、保健・医療、学校教育、ビジネスと幅広い分野で力を養うために、必要な資質・能力を総合的に育成する、その一翼を担っています。福祉で社会貢献をするのであれば、机上の理論を頭に入れただけでは務まりません。そこで、実践的な学びのツールを研究し、そのツールを使った授業を実施しています。

 ここでお見せするのは、『P.E.I.P.』と名づけたカード式のものです。たとえば、「居室清掃における介護の観察視点」をテーマに、1枚のカードに1つずつ観察視点が書いてあります。これが全部で60項目、60枚のカードがあります。

 その観察視点として、どんな要素が起点となっているかを表すのが、色分けされたコマです。赤が「Personality(個人的要素)」、青が「Environment(環境的要素)」、黄色が「Independence(自立的要素)」、緑が「Physical(身体的要素)」となっています。

 たとえば、「利用者はゴミ箱のゴミを捨てることができているか」という観察視点に対し、何の要素が一番ふさわしいかを直感で4つの要素の中から選ぶというわけです。この視点については、「ゴミ箱のゴミを自分で捨てることができるか?」といった視点で「自立的要素」を選びます。

 「ストーブのそばに燃えやすいものはないか」、であれば、「ストーブのまわりに物があふれすぎていないか?」といった視点から、環境的要素になります。

 「ゴミ箱にゴミを捨てられない」ということの原因には、ほかにも身体的に弱っていて伏せていて捨てられないというのもあるでしょうし、もしかしたら、「ゴミ箱にゴミを投げ入れて命中しなければほうっておく習慣がある」ということかもしれません。しかし、さまざまな状況の可能性を考え始めたらキリがないので、とりあえず起点となる要素をひとつにしておいて、そこから利用者さんの状況を考えながら、行動の理由を探っていけばいいわけです。最初の起点となる要素は、短時間でサッと分けます。

 学生や私たちが、まず驚くのは、介護職が利用者さんの部屋の清掃をしようとすると、観察視点が60(おそらくそれ以上)もあるということです。そして、ひとつの視点の要素を決めたあとも、利用者さんの個性などを見極めて、気づくべきことが多々あり、観察視点は連続的・多面的、かつ高速で展開されており、考察は尽きません。

次のページは・・ 介護報酬を上げるきっかけになるかもしれない

キーワード: 介護スキル , 人材マネジメント , アセスメント

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 1
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 前傾姿勢を引き出す介助の重要性と実践方法

    NEW!
    • ●0
    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  2. インセンティブによる仕事の評価

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る