介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

日中独居高齢者がどんどん増える

先日、テレビ番組で“日中独居高齢者”についての番組を放送していました。独身の子どもに介護されている高齢の親は、子どもが仕事に行っている間、日中でも夜間でも一人きりになってしまう。すると体調が急変しても、対応が遅れて最悪の事態を招くことがあるとのこと……。昔のように働き手と介護者が別という時代は過ぎ、これから益々“日中独居”の高齢者が増加する傾向にあります。この問題に、地域や近隣住民はどうかかわっていけば良いのでしょうか。

関連記事:「要支援者」を「要介護者」にしないために

関連記事:認知症の妻の介護でみえたこと−介護家族と医師の視点から その後 vol.11 どう生きるか、どう死ぬか

関連記事:「お達者教室」なんてどうでしょう

日中独居高齢者を取り巻く実態

 近年、日本では社会全体の環境が大きく変化してきました。核家族化は言うまでもなく、“結婚しない”“子どもを持たない”などのように家族に関することから、正社員・非正規社員といった働き方の多様化など……。そのような社会環境の変化が、「介護」にも直結している例が“日中独居高齢者”です。少し、例を挙げながらその実態を見てみましょう。

介護者=主な働き手という現状

 30代独身の息子による介護を受けながら生活している、70代後半の男性。息子は非正規社員として働き、昼と夜の仕事を掛け持ちしています。支給される年金と合わせて何とか暮らしていける状態のため、訪問介護の回数を増やすことができません。

 そのため男性は、昼間の仕事を終えて夜の仕事に出かけるまでの短い時間しか息子と顔を合わせることができず、夕食は息子が買って来る簡単なお弁当という生活。ヘルパーが来る週数時間は心配ありませんが、それ以外はほとんど一人です。息子も、高齢で介護の必要な父親を一人にするのは心配。しかし、自分が働かなければ生活が立ち行かなくなる以上、どうしようもありません。

 父親の様子を確認してもらうにも近所との付き合いはなく、昼間のみならず夜も働いているため、役所や包括支援センターに相談に行く時間もない。生活を支えながら一人でギリギリの介護をしている息子に、支援の手を差し伸べられるのはどの機関なのでしょうか。

一人で両親の介護

 40代の独身女性。働きながら、70代の両親を一人で介護してきました。しかし女性が仕事に出て留守の間に、母親の病状が急変したのです。認知症の父親は救急車を呼んだり、隣近所の人に助けを求めたりることができません。女性が帰宅したときには母親は亡くなっていました。

 もちろん訪問看護は受けていましたし、病院に連れて行くこともありました。しかし、何の前触れもない急変だったので、対処しようがなかったのです。近所の方とも付き合いがあったので、女性が仕事で留守の時多少の見守りは頼んでいたといいます。しかし、それでもどうにもなりませんでした。

次のページは・・ 「要介護者」を増やさない取り組み

キーワード: 介護家族 , 要介護 , 見守り

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. ヘルパーにできること

    • ●0
    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る