介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

お年寄りも子どもも、みんな一緒に「ありのまま」でいられる居場所 vol.3

「『老いる』ということは素敵なことだし、さまざまな経験や歴史を積んできた人を、介護する側が思うようにすることはできないし、またしてはいけないことだ」と石井さんは話す。そして介護の仕事の面白さはまさにそこにある、と。最終回では、自らの家族と仕事、そして利用者家族とのかかわりあい、制度改正後どんどん厳しくなっている“経営”と、事業所としての未来について伺った。

関連記事:お年寄りも子どもも、いろんな人が、みんな一緒に「ありのまま」でいられる居場所 vol.2

関連記事:いろんな人が、みんな一緒に「ありのまま」でいられる居場所 vol.1

お年寄りも子どもも「今を大事に生きる」ことが大切

―「いしいさん家」には、ときおり石井さんご自身の4人のお子さんや、妻の香子(こうこ)さんもいらっしゃっていると聞きました。お年寄りも含めいろいろな人たちとかかわることで、ご家族やご自身の心の中にも何か変化や気づきのようなものはあったのでしょうか。

 そうですね。1つ挙げるとすれば、お年寄りも子どもも、介護する家族も、子育てをする親も、みんな同じなんだということです。親は子どもに「こうなってほしい」と思うけれど、子どもは親の思うとおりにはならない。それは、認知症のお年寄りにして周りの人が「こうしてほしい」と思っても、思う通りにはならないのと同様です。つまり、子どもに対してもお年寄りに対しても「こうしてほしい」と思うのは、本人に対する「押し付け」になるんだということです。

 そして、「今を大事に生きる」ことが大切だという点も同じです。お年寄りが明日どうなるかもわからないから「今を楽しく生きる」のが大事なように、子どももどんどん成長して「子ども」として過ごす時期は限られているので「今」が大事。抱っこも今しかできませんしね(笑)。

 だから、お年寄りも子どもも、今この「時」が二度と来ることがない最後の「時」だと思って接して、「今」本人がしたいようにしてあげたい。泣きたいときは泣いてもいいし、自分の感情に素直になっていいんだと思うようになりました。

―「みもみのいしいさん家」では、認可外保育所(定員3名)も開設していますが、現在の利用状況はどうなのでしょう。

 いまはスタッフの子どもが利用しているだけです。近隣にも営業しているのですが、最近はリトミックや英会話などの学習を行う保育所に人気があるみたいで、うちの保育所に対する反応はいま一つです。

 うちはリトミックや英会話はしません。でも、子どもたちはおじいちゃんやおばあちゃんなどたくさんの人に囲まれて育つから、いろいろな人と交流することを自然に学べるし、それによって、昔のように人同士が温かくつながる文化が取り戻されていくと僕は思っているんですけどね。また、亡くなっていく命もあれば、新しく生まれてくる命もあって、それが繰り返されて……とすべてはつながっていることも実感できて、そこからもたくさんのことを学べると思っています。

次のページは・・ 介護は家族を巻き込んで行うもの。家族によく連絡をし、来てもらうようにする

キーワード: 経営 , デイサービス

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 該当する記事はありません
ページの先頭に戻る