介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

設立2年目で黒字転換の秘訣とは? はすぬま訪問介護事業所 vol.3

特定事業所加算をとっていない「はすぬま」だが、設立2年目にして黒字転換したという。最終回は、その秘訣は何なのか? 365日休まず事業所を運営している点、シフト作成の工夫と苦労、そして、ケアの質の担保、ケアマネジャーへの営業活動も含めて、さまざまな観点から聞き、そのヒントを探ってみた。

関連記事:難しいケースほどワクワクする はすぬま訪問介護事業所vol.2

関連記事:ヘルパーのほとんどが男性という強みと高いサービス理念で黒字経営を可能に はすぬま訪問介護事業所vol.1

特定事業所加算はとらず、全額自費のサービスも提供しない

―「はすぬま」では、特定事業所加算をとっていないそうですね。また、全額自費のサービスも推奨していないと聞きました。どうしてですか。

斉藤 僕らのサービスのもうひとつの目的は、利用者の家族のレスパイトでもあり、ただでさえ介護で苦労している家族に少しでも負担を減らしていただくこと。ですから利用者や家族の金銭的負担を増やす特定事業所加算はあえてとっておらず、また、自費サービスもいちおうあるのですが、おすすめしていないのが現状です。

―そうした状況でも経営は大丈夫なのでしょうか。

斉藤 はい、それでも開業して2年が経った現在、黒字を出すことができています。

―黒字とは意外ですね。もしかして、365日休まずにサービスを提供しているからもあるでしょうか。

萩原 それもあるかもしれません。

斉藤 365日サービス提供にこだわるのは、もし土日にご利用者が急変したとき、僕らがいなかったら恥だとも思うからです。どうせ責任を取るなら、全部取れるようでありたい。

萩原 ただ、うちはスタッフ全員が常勤で、登録がいないので、365日毎日シフトを組むのは大変ではあります。スタッフはきちんと休ませないといけないし、かといっていろいろなヘルパーが1件のお宅に出入りするとご利用者は落ち着かない。だから、ヘルパーの訪問時間や出勤日をずらしたりして調整しているんですが、突然に通院の予定が入るとシフト全体を変えなくてはいけなくなったりもします。

斉藤 このほか、僕らが365日サービス提供をしても、連携するほかの事業所はそうとは限らないということが問題です。土日に休むところも多く、肝心のときにケアマネジャーに連絡がつながらないことがある。意欲があって仕事ができるケアマネジャー、僕らの言葉で言えば「パンチの利いたケアマネジャー」と一緒に仕事をしたいですね。もちろん、そういうケアマネジャーもちゃんといてくれて、たとえば、先ほど(連載第2回)の話に出た、ごみ屋敷の片づけを最初に依頼してくれたケアマネジャーなどは、まさにその「パンチの利いたケアマネジャー」なので、僕らも仕事がやりやすいんです。

次のページは・・ 飲み会などの交流で地域連携システムの介護版をつくる

キーワード: 経営 , 訪問介護

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 該当する記事はありません
ページの先頭に戻る