介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

老人ホームでの経験から、人との出会いが立ち上げのきっかけに 湘南デイサービス代表 三浦康孝さん vol.1

「湘南デイサービス」は、小田急線・本鵠沼駅より徒歩15分。古民家を改装した小規模デイサービスだ。まるで誰かの家に遊びにきたようなアットホームさと“ワンちゃんと触れ合えるデイサービス”として、周辺地域からの認知度も着実にアップ。「2014年4月にオープンしてもうすぐ2年。ようやく軌道に乗り始めたところです」と語る運営者の三浦康孝さん(株式会社One Lifeの役員)。また一方で、行場のない犬の保護活動にも尽力している。介護職に就いたきっかけ、デイ立ち上げ、今後の展望などについて語ってもらった。

関連記事:松尾愛美さん(ひまわり訪問看護ステーション代表)人材が育って時期が整ったら事業拡大もvol.3

関連記事:松尾愛美さん(ひまわり訪問看護ステーション代表)働きながら子育てできる環境もつくるvol.2

とりえあえず働いてみよう、と飛び込んだ介護業界

―「息子に誇れる仕事を」と介護職へ足を踏み入れたと『湘南デイサービス』のHPに書かれてありましたが・・・

 はい。それも1つの理由です。元々は外回り営業の仕事をしていまして、子どもが2歳のときに離婚し、父子家庭になったことが自分にとっての大きな契機でした。仕事をしながら家事&子育てをするなかで、このまま営業を続けていくよりは、子どもと過ごす時間をもっと大切にしたい、何か手に職を……という想いが芽生えたんです。

 そこで、いとこが福祉の仕事をしていたこともあり、ヘルパー2級の資格をとってみようと思い立ち、会社を退社。平日はドラッグストアでアルバイトをしながら土曜日だけ学校に通って資格をとりました。

―学校に通う過程で介護を仕事に…という気持ちがより強く?

 「とりあえず働いてみよう」という想いが先でしたね。学校の授業だけでは見えてくるものは少なく、実習等でも本格的に介護の仕事をさせてもらえるわけではないので、良くも悪くも介護職の内面的な部分はあまり見えてきませんでした。だから、もっとこの仕事を深く知りたい、そのためには現場で働きたいと思いました。

―「まずはやってみよう!」ということですね。最初はどこで働かれたのですか?

 大手の有料老人ホームに3年ほど勤務しました。仕事というものは、短期間で辞めてしまっては何も見えてこないというポリシーもあったので、何かアクションを起こすまでは続けようと。最初の2年間はおとなしくしていました(笑)。で、3年目になるタイミングで、そろそろいいかな、と思って「当たり前運動」というのを社内で提案し、はじめました。

次のページは・・ 「笑顔で挨拶を」当たり前運動を会社に提案!

キーワード: 経営 , 有料老人ホーム , デイサービス

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. あなたはどちらに向いている?大規模施設と小規模施設の特徴やメ…

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る