介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

起業のために必要な10のポイント-1.開業管理

事業所起業を決めてから、無事開業にこぎつけるまでに必要なことは何か? 家族や周囲の人間からの理解、勤めていた職場からの円満退職、そして勉強すべきこと等々…介護現場に実際長く勤め、起業を決意し事業所を立ち上げた経験をもつ筆者が、自分の経験からアドバイス。10回にわたる連載では起業における大切なポイントを解き明かしていく。1回目は若山克彦氏による開業管理。

関連記事:人材確保のための実践的アドバイス その4 採用・ホームページの有効活用

関連記事:老人ホームでの経験から、人との出会いが立ち上げのきっかけに 湘南デイサービス代表 三浦康孝さん vol.1

関連記事:「お泊まりデイサービス」は心強い味方

ブライダル企業勤務からヘルパー取得へ・・そして、私を変えた利用者さんとの出会い

 高校を卒業してから、会計の専門学校に2年間通いました。

 専門学校卒業当時、特にどんな仕事がしたいとか、そういったことは恥ずかしながら何もありませんでした。ただ、高校生のころからの漠然とした夢として、「起業したい!」という想いが不思議とありました。

 卒業後、20歳から勤めた会社はブライダル関係の営業職でした。営業の仕事はプレッシャーも強く、精神的にも体力的にもとても大変で、5年ほど勤務したのちに退職しました。25歳になってからの就職活動は、正直言って精神的にもつらいものがありました。

 やりたい仕事が明確にはなく、ただただハローワークに通う日々……自分の存在意義を見失ってしまいそうな状況に陥りました。

 ちょうどそんなとき、介護保険制度が始まり、知り合いの方からヘルパー2級の取得を勧められて資格を取りました。少しでも社会の役に立ち、人から感謝される仕事ができれば、という思いから私は一歩を踏み出したのです。

 元々は介護の仕事に興味があったわけではなく飛び込んだ介護業界でしたが、ホームヘルパーとして初めて担当した利用者さんとの出会いが、介護を生涯の仕事にしようと私自身を変えるきっかけとなったのです。

本来は、「ありがとう」と言われるためでなく、逆に「ありがとうございます」と言うべき奥の深い仕事

 その利用者さんは男性の方で、まだ60代の若い人で、ALSという難病でした。ヘルパーの資格を取りたての新人の私が、ケアチームの一員として支援に入るには、正直プレッシャーもありましたが、その方のケアに最後まで関わらせていただくことになりました。

 利用者さんはまだ若かったため、病気の進行が早く、1年後にご逝去されてしまったのですが、そのときに奥様からいただいた、「主人は、若山君のことをとても応援してたのよ。これからも頑張ってくださいね」という言葉が心に刺さりました。

 介護の業界に入ったとき、私は自分がお世話をして「ありがとう」と感謝される仕事だと思っていましたが、実際は利用者さんのほうが大先輩で、新人の私を応援して育てようと最後まで思っていてくれたとわかったのです。「ありがとう」と言われるのが目的ではなく、むしろ、私たちのほうこそが、人生の大先輩からいろいろなことを学ばせていただいているんだ。「ありがとうございます」というのはむしろ自分のほうであった、と目が覚めました。なんて自分はおこがましいんだろう、と思い至ったのです。

次のページは・・ 自己成長ができる素晴らしい仕事。介護業界で起業したい!という強い想いが膨らむ

キーワード: 経営 , デイサービス

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 該当する記事はありません
ページの先頭に戻る