介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

「介護地獄」を乗り切る知恵と力を

介護の社会化によって介護地獄が解消されると期待されたが、皮肉にも、介護家族の負担・苦悩は軽減していない。団塊の世代の高齢化も問題だが、その前にリストラの問題、親の介護、パラサイトシングルの子どもを抱えている問題など、身につまされる話も多い。切り札と言われる地域包括ケアシステムがうまく機能しないのはなぜか? コーディネート役としてだれが担っていくのがよいのか?

関連記事:アルファ碁の勝利が示す『介護』の生き残り策

関連記事:認知症JR賠償請求最高裁判決が問う超高齢社会の『介護』のかたち

公的介護保険は「介護地獄」を解消したか?

 「介護の社会化」により「介護地獄」の解消を図ると期待された公的介護保険が2000年に始まって16年、その期待ははずれた。

 家族にとって介護の重荷はさらに増している。その現実を直視したうえで、改めて介護する家族の重荷を緩和、軽減する方策を行政も介護事業所もそして私たちも仕切り直して考える時期に来たのではないか。

 厳しい介護の現実を改めて突きつけてくれたのは、4月4日付の毎日新聞朝刊に出た同新聞による介護家族の実態調査をまとめた記事と、4月17日のNHKスペシャル「老人漂流社会―――団塊の世代にしのびよる『老後破産』」の報道番組である。

 毎日新聞は、介護者支援に取り組む介護関係団体を通じて、在宅で介護する人たちを対象に2016年初めにアンケート調査を実施した。これによると、介護によって精神的・肉体的に限界を感じたことが「ある」と答えたのは73%、全体の22%が介護中に被介護者に「暴力をふるったことがある」と回答した。さらに「殺してしまいたい」と思ったり、一緒に死のうと考えたことがある、と答えたのは2割にも上った。

 介護により不眠状態が続いている、あるいは時々あるというのは全体の6割。2割近い人は介護の悩みやストレスを日常的に相談できる人がいない、と答えた。

 回答者の年代は60代以上が69%、介護年数の最多は「5年以上10年未満」で、「10年以上」というのも19%にも上った。

 老々介護、しかも介護の長期化という中で、虐待に走ったり、不眠に悩まされたりするという厳しい現実が改めて浮き彫りにされた。

次のページは・・ 団塊の世代はリストラに直面し、親の介護を抱え、ジュニアがパラサイトシングル、という苦悩を味わっている

キーワード: コミュニケーション , 介護家族 , 地域包括ケアシステム

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 利用者の「本当にしてほしいこと」とは

    NEW!
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 1
ページの先頭に戻る