介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

自分の専門性に疑問を感じ、介護職としての未来に夢をもてない人に、モチベーションを抱いてもらうにはどうしたらよいか?

介護職として就職しても、現場の業務に追われ、仕事を振り返ることもままならず、未来に夢を抱けない人が多い。そしてそれが離職の大きな原因ともなっている。介護の仕事に対してモチベーションをもつためにはどうしたらよいのか? 多様な人材をマネージメントできる核となるリーダーを育て、一緒に考えていける土壌をつくることが大切だ。

関連記事:何のために介護をしているのか? 現場での理念共有がカギに

関連記事:地域社会に求められる介護の専門性

介護系の資格は一度取ったからそれで終わり、というものではない

 介護福祉士や、社会福祉士など介護系の資格は一度取ったからそれで終わりということではなく、日々の気づきを深めるための土台として機能して初めて、その価値が活きてくるのではないかと感じます。

 介護現場では、毎日のやらなくてはならない業務に追われ、日々の振り返りもままならない現状があります。常に同じ利用者の方や限られた職員同士の関わりの中で、新たな気づきを生み出すことや工夫ができず、毎日がルーティンワークの繰り返しになりがちです。よくエビデンスに基づいた介護を、ということが言われますが、時間に追われる業務の中で確実に評価、検証ができる現場は実際にはどれだけあるでしょうか?

 専門学校や大学を卒業し、資格を取り、介護現場へ就職した新人にとって、そのような現場の実情を真のあたりにし、自分たちが学び、思い描いてきた介護とはあまりにもかけ離れている現状から理想と現実のギャップに夢やぶれて、離職してしまう、ということもあるかもしれません。ただ介護福祉士や社会福祉士の資格はあくまでも専門性の入り口の部分の知識であって、そこから先はやはり個人がどれだけ現場での実践を自分のものにしていけるか、というところにかかっているといえるかもしれません。土台を持った新人や若者がモチベーションを維持して、いきいきと働き続けられるような現場がもっと増えていくにはどうしたらよいのでしょうか?

次のページは・・ 多様な人材をマネージメントできる、核となる人材を育てることが大切

キーワード: コミュニケーション , 介護スキル , 人材マネジメント

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 該当する記事はありません
ページの先頭に戻る