介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

自分の専門性に疑問を感じ、介護職としての未来に夢をもてない人に、モチベーションを抱いてもらうにはどうしたらよいか?

よい現場のリーダーが増えることで、職員のモチベーションが上がり、離職防止につながる

 現場ではどうしても、安きに流れやすい現状があるので、常に提供側本位のケアになっていないか、を検証していく目を持つことや、実際に行われている業務の流れをどうしたら今よりももっと運用しやすいものにしていけるのか、本来優先すべき利用者の方と向き合うための時間をどうしたら生み出せるのか、など、さまざまな工夫を現場に落とし込むための行動力も必要です。そのような実践的アイディアなどを、他事業所や他団体から学ぶという視点も必要ですし、同じ目線を持った仲間が得られることで大きな勇気になり、実現につながることもあるかもしれません。

 思いを行動へつなげていける存在が、現場のリーダーであるべきだと思いますし、そのようなリーダーのいる現場が増えていくことで、職員のモチベーションを維持向上でき、結果的に離職も防ぐことにもつながります。

 自分の専門性に疑問を感じ、これから先の介護職としての未来に夢を持てない人たちが介護離職しないためにはどうしたらよいか? これからも課題意識を持って考えていきたいと思っています。

関連記事:何のために介護をしているのか? 現場での理念共有がカギに

関連記事:地域社会に求められる介護の専門性

キーワード: コミュニケーション , 介護スキル , 人材マネジメント

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 介護現場のさまざまな記録。留意することは・・・

    • ●0
    • ●0
    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る