介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

つくり笑顔の介護士は嫌われる?

介護職員のつくり笑顔は見破られる。本当に信頼に足る人物なのか、利用者やその家族の目は思った以上に厳しいからだ。本物の笑顔で接することのできる信頼される介護士になるにはどうしたらよいのか? 介護職としてのそもそものありかたについて語り合う場をもつこともヒントとなるのかもしれない。

関連サイト:介護事業所の管理者ならではの疑問や悩みを投稿・解決できる「介護マスト」

関連記事:自分の専門性に疑問を感じ、介護職としての未来に夢をもてない人に、モチベーションを抱いてもらうにはどうしたらよいか?

関連記事:何のために介護をしているのか? 現場での理念共有がカギに

利用者やその家族は、介護士の行動や表情に垣間見られる本音を見逃さない

 最近、つくり笑顔の介護士が嫌だ、と言う家族の方に出会いました。ショックに思えるひと言ではありましたが、客観的に見たら、そのように映る現実もあるのかもしれない、と考えさせられました。

 介護のような生活に密着した職種は、利用者と長い関わりになるので、嘘がつきにくいですし、本人はもちろんのこと、家族や関係者は、介護士のちょっとした行動や表情にでる本音を見逃しません。

 本当に信頼していい人物なのかを、見定めようとしているのかもしれません。

 いったいどうすれば、「本物」といえる笑顔を提供できるのか? そして信頼が得られる介護士になれるのでしょうか?

現場の理想は、職員の満足と利用者の満足が比例してイコールであること

 私なりの視点で考えてみると、日本に古くからある「おもてなしの文化」を思い出します。「おもてなし」とは単なるサービスの提供ではなく、相手の立場に立った丁寧な対応や一期一会を大切にする茶道の精神がベースにあります。

 また英語のホスピタリティマインドに近く、来客を迎え、お世話をすることに通じるため、見返りを求めない、自然発生的な対応とも考えられます。

 おもてなしの心とは、マニュアルにとらわれない気遣いのできる心をさし、自分と相手の気持ちよさ、喜びにつながることでもあります。

 このどちらも心地よく、ハッピーになる、という発想はとても大切です。介護現場でもやはり、職員の満足と利用者の満足が比例している、またはイコールに限りなく近い、というのが理想です。ともすれば、業務に追われ余裕のないなかで、笑顔も無理につくらざるをえない現実があるかもしれません。そのゆとりのなさや殺伐とした雰囲気が、家族や関係者に伝わり、それが違和感や不信感につながっている可能性もあるのです。

次のページは・・ おもてなしの精神は心のゆとりがなければ発揮されない

キーワード: コミュニケーション , 介護スキル , アセスメント

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 24時間の介助や姿勢を考える大事さ

    • ●0
    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る