介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

施設職員が考える、終末期ケアの在り方

終末期ケアの先にあるものは何か? 施設の介護職員として、利用者の終末期に接したときにときに何ができるのか? 施設を「終の棲家」と選択した利用者たち……大事なのは、自分自身、どうやって最期を迎えるのか決めておき、意思を残しておくことだ。そこに介護職員がどうサポートできるのかが大切だ。

関連記事:高齢者にとって満足のいく最期とは?

関連記事:「自分が住みたい」サ高住を造る - 下河原忠道氏インタビュー vol.1

関連記事:介護職が直面する利用者の死、その喪失感に対処するには?

最期を迎える前の迷い

 特別養護老人ホームなどの施設に入居された方が、施設の中で最期の時を迎える……。今日ではそう珍しいことではなくなってきました。

 では、葬儀についてはどうでしょうか?

 最近、お通夜やお葬式などを、住まわれていた施設内で執り行うケースが徐々に増えているようです。しかし、多くは、いまだ葬儀会社の葬儀場で行われます。

 施設内で葬儀が行われない背景の一つとして、「最期の迎え方」にまだまだ迷いがあるからではないでしょうか。

 入居生活で最期の時が近づいた場合、積極的な治療を追い求めていくのか、そのまま施設の中で終末期のケア(看取りケア・ターミナルケア)を受け、最期に向かって生活を続けるのか。

 前者の積極的な治療を受ける場合、ほとんどは病院へ受診することとなるでしょう。施設内では十分な治療は受けられませんし、継続的な治療も困難だからです。もし継続的な治療が必要となれば、施設内での生活そのものが困難となり、介護療養型老人保健施設などへ転居される方も少なくありません。

 先述した「最期の迎え方に迷いがある」というのは、正しくは「最期を迎える『前』の迷い」なのかもしれません。

看取りの話がまとまらない……

 終末期を間近に捉えたときに初めて、自身の最期について考える選択肢が生じます。

 認知症やあらゆる疾患があるために、本人の判断が難しい場合も多く、そういったケースでは身元引受人(多くの場合は家族)がその方の「看取り方」を考えることになります。他の近親者との考え方の相違もあり、話がまとまらないこともあるでしょう。

 看取りの話がまとまらない、しかし、終末期を迎えた本人は着実に最期の時へと向かっていく……。「最期の最後」で迷いが生じ、決断が後手になる。家族間の意見が分かれたまま死別・転居・医療行為がなされてきたケースを、私はこれまで幾度となく目の当たりにしてきました。

次のページは・・ 介護職員はさまざまな利用者の最期に立ち会う

キーワード: 看取り , 終末期

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 該当する記事はありません
ページの先頭に戻る