介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

施設職員が考える身体拘束−後編

2007年に愛知県で起きた、認知症の男性が一人で外出して列車に跳ねられる事故の損害賠償責任をめぐり最高裁にまで至った裁判では、「介護する家族には賠償責任はない」という判決が3月1日に下り、「生活状況や介護の実態などを総合的に考慮して判断すべきだ」との基準が示されました。高齢者介護における身体拘束について、「考えるべき時」が来ています。後編は、介護職員が無意識につくってしまいがちな見えざる壁による身体拘束について考えます。

関連記事:施設職員が考える身体拘束−前編

関連記事:みま〜もサミット vol.1

関連記事:肩の痛み、シルバーカーの高さが原因では?

緊急止むを得ない場合の身体拘束とは……

 前編でも紹介したとおり、施設での高齢者介護においては、緊急止むを得ない場合にのみ、身体拘束が存在しています。それは、

  1. 生命の危険がある
  2. 他に代替えする方法がない
  3. 拘束が一時的なものであるのが条件である

 これら3つの条件をすべて満たしている際に、ご家族へ同意を得て行うものです。

 私が経験した例では、車椅子に座っているご利用者で、急に前のめりに傾いて倒れそうになる方で、そのご家族は、車椅子を押して一緒に散歩に行きたいが、危険で自信がないとのことで、車いすと身体とを縛るベルトを希望されました。

 「ご家族と二人で散歩をするときのみ、車椅子のベルトで身体を固定する」ことでご家族と同意し、家族のみでの散歩が実現したのです。

 このような身体拘束を伴う行為が必要とされる際には、介護者とご利用者(とその家族)で十分に話し合い、内容を詰めてから行うことが基本です。

次のページは・・ 見えざる壁を知らない内につくり上げて、無意識に身体拘束をしてはいないか?

キーワード: 特別養護老人ホーム , 自立支援 , 見守り

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 2
中立 1
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. あなたはどちらに向いている?大規模施設と小規模施設の特徴やメ…

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る