介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

施設職員が感じる、日常生活に潜む傷病 Vol.1

医療が発達し、国内の平均寿命が著しく伸びている昨今であるが、多くの高齢者は何かしらの傷病を抱えて生活をしている。在宅で暮らしている方、介護施設にお住まいの方に潜んでいる傷病は、自覚症状のあるものもあれば、ないものもありさまざまだ。高齢者の中で比較的よく見受けられる傷病を、筆者の経験を交えながら解説したい。1回目は大腿骨骨折について。

関連記事:介護に必要なのは、人を本気で思う「妄想力」 - 馬場拓也氏 インタビュー vol.1

関連記事:介護職員がケアプランを把握することの意義を考える

関連記事:施設職員が考える、介護職員の健康観

平均寿命と健康寿命。データから読み取る、高齢者の暮らしの理想

 厚生労働省によると、2010年の平均寿命は男性で79.55歳、女性で86.30歳となっています。ただし、これは平均寿命の数値であり、もう一つ、健康寿命というデータがあります。

 健康寿命とは、健康上問題がない状態で日常生活を送れる期間をいいます。

 この健康寿命の数値は、男性で70.42歳、女性で73.3歳となっており、平均寿命と比べどちらも9年以上の差がある状態となっています。

 平均寿命と健康寿命の差の期間は、言い換えると、「不健康な期間」を意味します。男性で9年間、女性で12年間もの間を、何かしらの傷病とつき合いながら生活をされているということです。この「不健康な期間」の拡大は、医療や介護の利用拡大につながる結果となり得ます。平均寿命が延びるという点に注目されがちですが、延ばすべきは健康寿命のほうであり、目ざすべきは不健康な期間の短縮です。これによって、生活の質の向上と、医療費や介護給付費の軽減が期待できるようになります。

 筆者が勤める特別養護老人ホームでも、入居の時点ですでに何かしら傷病を抱えていらっしゃる方が大多数です。既往歴を拝見したとき、特に多く見受ける傷病名は、大腿骨骨折、脳梗塞、心不全、糖尿病、などです。

 施設職員として、これらの傷病とどう向き合っていくのか、日常生活を進めるに当たって、医療的な専門知識を備えておく必要があります。

次のページは・・ 大腿骨骨折……その後の選択肢は?

キーワード: 特別養護老人ホーム , リスクマネジメント

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 1
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. あなたはどちらに向いている?大規模施設と小規模施設の特徴やメ…

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る