介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

介護職員のスキルアップについて

介護職にとって本当のスキルアップとは

 少々極端な部分もありますが、あながち「そんなことはない」とは反論できない内容ではないかと思います。どのような職種でも、あるいはどんな仕事場でも理想と現実はあるもの。そして価値観は人によってさまざまですから、介護職でも「スキルアップとは、効率よく作業ができるようになること」なのだという意見も間違ってはいないと思います。

 それでも、在宅・施設に限らず人の命を預かって「暮らす」を支える仕事が、単に作業するだけのものになってはいけないのではないでしょうか。

 作業を通して被介護者の人となりを理解し、その人の望む暮らしを実現できるよう寄り添う。そして、理解力の低下してしまった人の安心と安全が守られるよう、色々な変化に気付いて重篤な状態にならないような手立てをしてあげること。そうなれることこそが必要なのだと思うのです。

 介護職員にとってのスキルアップ。それは、ただ必要な作業を時間内に遂行できるようになることに留まらず、日々の作業の中から被介護者の変化に気付けるようになること。そして、その気付きを正しい形で解決していけるようになることではないでしょうか。そのためには、もちろん良い職場環境が不可欠です。しかしその職場環境を作れるようになることも、また1つのスキルアップなのではないでしょうか。

関連記事:施設職員が考えるジェンダー

関連記事:介護のキャリアアップに役立つ資格

関連記事:高齢者のプライドに配慮した対応は千差万別

キーワード: コミュニケーション , 介護スキル , ヘルパー

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 2
賛成 6
中立 1
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 24時間の介助や姿勢を考える大事さ

    • ●0
    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  2. もう、在宅は無理なのか……

    • ●0
    • ●1
    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る