介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

家族も支えたい

介護保険制度を直接利用する方の中には、ごく稀に障がい者もいらっしゃいます。しかし、ほとんどは高齢者の方でしょう。利用依頼は「サービスを利用しよう」と思って行うわけですから、全ての人が生活上で何らかの不便や不具合を持っている、あるいは感じていて、それについてインフォーマル(身内やご近所)な関わりだけで充足できないために社会資源を頼って来られています。もちろん、中には天涯孤独で子どもや親戚もいないという方もいらっしゃいます。しかし大抵は、子どもはいるものの遠方に暮らしていたり、一緒に住んでいても高齢者のお世話が全面的に行えない状況だったりするのではないでしょうか。

関連記事:介護業務を構成する「感情労働」に注目

関連記事:「通い介護」を選択できる制度づくりを

関連記事:ケアする人が不幸なら、いい介護はできない

高齢者の世話が大変な理由

 なぜ、高齢者のお世話は大変なのでしょう。そこには、複雑な理由がたくさんあるのです。例えば単に仕事が忙しくて時間が取れない、あるいは体力的に無理といった理由なら、サービスの開始は比較的スムーズです。しかし実際には、そればかりではないケースの方が圧倒的に多い現状。それは一言で言えば「価値観の違い」ということになると思います。

 たとえ実の親子であっても、生きてきた時代背景や現在置かれている立場が違えば、物の見方や感じ方にも大きな違いが生じるもの。特に現在後期高齢者となっている方々は戦争を経験しており、物資どころか食べるものさえない時代を過ごしてきた人たちです。そのため、何を見ても何をしても「もったいない」が最初に頭に浮かびます。

 例えば食品の入っていた瓶や缶はもとより、納豆やお豆腐のパックまで、山のように取っておいている方は珍しくありません。もし子どもたちがそれらを捨てようとすれば、喧嘩になってしまいます。また、そのことに閉口して外出中などに処分でもしようものなら、絶縁状態にさえなりかねません。ごみ屋敷とまではいかなくても、町内のごみ収集場に捨ててある物を拾ってきてしまうという方も実は珍しくないのです。

 こうした高齢者の「もったいない」が原因となった行動を、毎日不特定多数の方々と関わっている私たちは仕方ないものとして受け入れられます。しかし家族にとっては、「自分の親がそんなことをするなんて信じられない」という気持ち、そして「許せない」といった感情になるのは当然のことだと思います。

 現代のように核家族化が進めば、子どもは就職・結婚などを期に独立して一緒には住まなくなります。すると、親が高齢になって不便を感じるようになったからと関わってみたら、自分の親が突然“老人”になってしまっていて、「こんな風になってしまうなんて」と驚きや失望を感じてしまう家族もいるでしょう。

 たとえ一緒に暮らしている、もしくは近くにいて比較的頻繁に関わっている家族でも、あるいは年に数回程度しか行き来のない家族でも、それぞれ大変さは違えども「うちの親ときたら」といった思いなのではないでしょうか。しかしそれは、その人の親が特別に変わっている、手がかかる人であるというわけではありません。ほとんどの高齢者が多かれ少なかれ、そのような考え方や行動をとっているのです。しかし外側から見ているだけでは分からず、自分の親だけだと感じてしまうものなのです。

次のページは・・ 困惑するご家族への対応

キーワード: コミュニケーション , 介護家族 , ヘルパー

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 2
賛成 1
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 高齢者施設で働く介護職におけるストレスマネジメントについて

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る