介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

認知症の周辺症状について

認知症には、「物忘れや見当識障がいといった中核症状といわれるもの」と「不穏やイライラといった周辺症状」があります。アルツハイマー型認知症、あるいは脳血管性認知症にしても、つまり脳の細胞に何らかの異常が生じる病気です。そのため、生活する上で不便な症状が出てきます。今回は、そうした認知症における周辺症状について見ていきましょう。

関連記事:認知症、問題行動の果てに行きつくのは?

関連記事:認知症ピラミッド:65歳以上は3080万人、認知症高齢者は460万人 - 藤田英明氏×石川和男氏対談動画 vol.4-2

関連記事:認知症の妻の介護でみえたこと−介護家族と医師の視点から その後 vol.1

認知症の中核症状

 例えば骨折や発熱といった病気でも、生活上で不便なことには変わりありません。しかし認知症の場合、本人にその自覚がないというところが、他の病気と大きく違うところ。よく言われる物忘れも、「あれ、何を取りに来たんだっけ?」という状態なら家族や周りの人に迷惑をかけることはないでしょう。しかし認知症による物忘れの特徴は短期記憶障がいというもので、直前のことを忘れてしまいます。よく「何度も同じことを言う」というのはこの症状で、中には10分程度の間に20回も30回も同じことを繰り返してしまうのです。例えば、

 「随分と暖かくなってきたので、もうマフラーも手袋もいらないと思っているんだけど、不安でいつもの格好で出掛けてしまう。そうすると、今度はどこかに置き忘れるのではないかと不安で、汗をかいてもマフラーが取れなくてね」

 「そうですね、暖かくなってきましたね」

 「暖かくなったとはいえ、出掛けるときはついマフラーも手袋も手放せなくてね。そうすると、今度は忘れちゃいけないと思って……」

 等とエンドレスに続きます。これは、頭の中に「忘れ物をしては不安だ」という気持ちがあるので、何を話してもそこに話が戻ってしまうわけです。つまり、言葉に出したこと自体を忘れてしまうのですね。これが、短期記憶障がいという『中核症状』です。

次のページは・・ 受け答えの内容で周辺症状が悪化することも

キーワード: コミュニケーション , 介護家族 , 認知症

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 1
賛成 1
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 高齢者のリハビリについて

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る