介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

これからの介護を考える

現在「介護」というと、多くは老人介護を指して使われる言葉になっていると思います。広くは福祉の中のひとつの言葉であり、何らかの障がいがあり、自分自身で身の回りのこと全てをすることが難しい方に対するお手伝いの意味を指すものでもあるでしょう。それが2000年に介護保険制度が施行され超高齢化が社会的問題となり、まずは「介護」というと高齢者に向けた言葉として一般化しました。その後、障がい者等の制度全体の見直しが図られ、介護だけでなく福祉全般を社会保障問題として見直されて法の改正が行われてきました。そうした背景をもとに、これからの介護について考えてみます。

関連記事:老いを支える

関連記事:要介護1・2の高齢者の介護サービスの今後について

関連記事:実践!これから必要な介護予防の方法

介護する環境の変化

 「介護」という言葉について、あえて差別的な表現と誤解されるのを覚悟で言わせていただくのならば、社会全体の障がい者の人数はそれほど多くはなく、やはり介護分野で問題の多くを占めているのは高齢者なのだと思います。福祉の基本を学ぶ時に「人は現在障がいを負っている人と、これから負う可能性のある人の二通りである」というものがありますが、その通りだと衝撃を覚えました。

 しかし、老いてゆくというのは全員に必ずやってくるもの。ですから、やはり障がい者の数を圧倒的に上回るのです。そして老いた人はどんなに健康を維持できたとしても、身のまわりのことが少しずつ自分で行えなくなってしまうものなのです。

 人が歳をとり、自分の事が自分自身でできなくなった時。少し前までは家族が順番に面倒をみるのが当たり前の事でした。長男が家を継ぎ、嫁を迎え、夫が稼いで嫁は家を守る。ほんの少し前までは、このような構図であったように思います。それが、少しずつ変化してきました。

 例えば、進学や就職で家を出た長男がそのまま出ていった先で結婚。一家を構え、その頃には両親はまだ元気なので気にもしていなかったものの、10年、20年が過ぎ、親が歳をとってくると心配にはなってきます。しかし、職を変えて実家に戻る訳にもいきませんし、自分の子どもの学校のこともある。このような状態が社会現象になり、「さて、高齢者は誰が面倒をみるべきなのか」というときに介護保険制度が始まり、「高齢者も子どもと同じように、社会が責任をもって面倒をみましょう」ということになった訳です。そう、安心して子育てできる社会と同様、安心して老後をすごせる社会を目指して。

次のページは・・ 変わりゆく介護保険制度と課題・不安

変わりゆく介護保険制度と課題・不安

 介護保険制度は、安心して老後を過ごせるための制度として理念は変わりません。しかしその方向性は、度重なる制度改革を経て随分と変化したように感じます。

 施行当初は在宅介護中心、家で暮らすのに不便なところを重点的にフォローし、少しでも長く自宅で暮らしてもらうためにどうするかという考え方が主流でした。しかし現在、「どのような施設を選ぶのが最もこの方にふさわしいのだろうか」という考え方が多くなっていると感じます。

 介護保険の最初の考え方である「歳をとっても認知症になっても住み慣れた地域で自分らしく暮らす」。これは素晴らしいことですし、理想でもあります。それでも、もし住み慣れた地域に知り合いが誰もいなくなってしまったら? 自分らしくといっても、自分が誰なのかわからなくなってしまったら? ……そんな不安は、本人だけでなくその家族にも広がります。

 だからと言って、誰もが施設に入れば安心で安楽だとも言いません。できれば一人ひとりのこれまでの人生歴や性格等を考慮し、少しでもその方、できればその方の家族にとっても理想に近い老後生活を選ぶことができたらと思うのです。例えば本人・家族が望むのならばギリギリまで、できれば看取りまで家で過ごせるよう、気ままに施設と自宅を行き来しながら安心した生活が確保できるのならそのように…など。

訪問中心の介護では難しい

 現在でも地域密着型や小規模多機能、お泊まり型デイサービス等、随分と多種多様になってきています。しかしそれでも、介護度や金額など、なかなか難しい問題もかかえているようです。私は2000年、介護保険制度スタート時から訪問介護でのみの経験ではありますが、こうして職を通して時代の流れを見ていると、訪問介護は先細っているように感じます。

 高齢者の人数は増えていますが、お元気な方が多く、ギリギリまで自力でなんとか自宅で暮らせている方は多いでしょう。ヘルパーの手を借りながら、自宅で生活する期間が短くなっているのです。しかしギリギリまで自力で出来ているということは、そのすぐ先に「自宅では無理」の状態が迫っているのです。

 そこで最近、「介護を訪問中心に考えるのは無理なのではないか」と考えるようになりました。もちろん、本人・家族がそれを一番に望むのならば、それはそれで良いでしょう。それでも在宅を中心に介護を組み立てると、ヘルパーやデイサービス、ショートステイが関係してきます。最近ではこの3つのサービスについて、よく定員割れという話を耳にします。それはやはり、要介護人数が増えているのに大して、在宅の人数が減っているからではないでしょうか。全国の統計ではまだ在宅要介護者の人数が施設入所を上回っているようですが、地方の実態は少し違うようです。

 この先、団塊の世代と言われる方々が高齢者になり、また随分と介護への考え方に変化が起きてくるでしょう。しかし、現在のように利用限度額が細かに決められていたり、利用までの手続きが煩雑であったりしたのでは、保険料ばかりで利用しづらい介護保険になりかねません。制度そのもので理想を定義するのではなく、サービスを利用する方の理想を叶えてあげられるような介護保険を目指して、これからの介護を考えていけたらと思います。

関連記事:老いを支える

関連記事:要介護1・2の高齢者の介護サービスの今後について

関連記事:実践!これから必要な介護予防の方法

キーワード: 介護予防 , 要介護 , 介護保険制度

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 1
賛成 1
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 高齢者を転倒から守ろう!施設における転倒予防に必要な知識と実…

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る