介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

サービス提供責任者の仕事

サービス提供責任者とは、介護保険制度設立時に設けられた職業。 在宅介護というと訪問介護(ホームヘルパー)とケアマネジャーが要というのが一般的です。しかしヘルパーステーションを開設するには、このサービス提供責任者を置かなければなりません。ではいったい、どのような役割を担う仕事なのでしょうか。

関連記事:サービス開始時のアセスメントの重要性

関連記事:要介護1・2の高齢者の介護サービスの今後について

関連記事:介護業務を構成する「感情労働」に注目

サービス提供責任者という存在

 ヘルパーステーションでは人員配置基準が利用者の人数によって定められており、現在、その資格はほとんどが国家資格である介護福祉士となっています。ここで「現在は」と言いますのは、介護保険制度スタート時にはヘルパー2級・3級であっても実務経験により認められていたものの、制度が進むにつれてより高い専門性が求められるようになり、徐々に移行されていったためです。

 その職務内容は、在宅で生活している高齢者や障がい者の方々へ訪問でのサービスを提供するにあたり、契約やモニタリングなど実に多岐にわたるもの。ここで流れに添って、少しだけ業務を照会させていただきます。

  • 利用者(あるいは家族)から、またはケアマネジャーから訪問介護の依頼が入る
  • 事前訪問してモニタリングを行い、この方への支援内容の検討をケアマネジャーと共に行って訪問計画を作成
  • 実際に訪問介護を行うヘルパーにこの状態や留意事項を伝えてサービスをスタート
  • 定期的にモニタリングを行いサービス内容が適正かを判断、また利用者の状態の変化に伴い関係機関と連絡をとりあい在宅生活の安全を確保する

 ここまでは利用者に対する業務です。その他に、ヘルパーの資質の向上に向けた取り組みや日々のシフト(勤務表)の作成、急なサービス変更等の連絡や調整といったもの、 毎月のレセプトや国保連への請求業務などまで及びます。

 利用者一人ひとりの状態の把握はもちろん、訪問するヘルパーの個性や特性にまで目を向けて、業務がスムーズに行われるよう注意を払わなければなりません。そうして、利用者の生命と生活を支えているのです。

 このように、訪問介護を行ううえで重要な役割であり、介護保険制度上でもなくてはならない職業。それにもかかわらず、現場ではあまり存在感のない職業になっているような気がしてなりません。いったい、それは何故なのでしょうか。

次のページは・・ ヘルパー自身が立場を下だと考えている

キーワード: サービス提供責任者 , ヘルパー , 訪問介護

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 実習生に伝えたいこと

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る