介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

歯がゆい介護保険

介護保険制度は、介護を必要とする人とその家族に手を差しのべる制度です。家族に介護を必要とする人がいると、その介護のために仕事を変えたり、中には退職を余儀なくされたりする場合もあるでしょう。もしかしたら「仕事を辞めてまで介護するくらいなら、施設に入所してもらえば良いじゃないか」と考える方がいるかもしれません。しかし金銭的な問題や、状態によっては受け入れてくれる施設がないなどのケースもあるのです。それだけでなく、介護保険制度には細かな制約があり、時として痒いところに手の届かない歯がゆい思いをすることも。そんな歯がゆさを、事例をもとに取り上げていきます。

関連記事:介護の費用について

関連記事:認知症の人を在宅・地域でどう支えていくか?

関連記事:「できる」「できない」の仕分けで介護に支配されない生活〜母と息子、2人暮らしの介護〜

金銭面から施設ではなく在宅介護を選択

 それでは早速、具体的な事例をご紹介します。85歳のAさん(女性)は2年ほど前に軽い脳梗塞を患いました。本来であればリハビリでほぼ元の状態に戻れる程度の症状だったのですが、以前より認知症の症状が顕著でありリハビリを行うことが不可能。そのため、あっという間に寝たきりの状態になってしまいました。

 約半年間は同居していた夫が主介護者としてある程度のことを行い、日中のオムツ交換や食事の介助はヘルパーに依頼していました。また、受診や緊急時の対応は、同市内に住む長女が行っていたのです。しかし、Aさんが寝たきりになって半年後に、主介護者だった夫が急死。長女は悩んだ末、Aさんを自宅に引き取りました。このとき施設入所も考えたのですが、「金銭的に続かないだろう」と判断したのです。

 子育ては、将来にある程度の目処を立てられます。幼稚園や保育園から始まり、高校、大学と進学するにしても、かかる年数や金額はある程度の予定が見えることでしょう。しかし、介護はそれができません。悲しい表現ではありますが、いつまで続くか分からないのです。そして診ている子どもたちも、少しずつ年をとっていきます。

 Aさんは娘さんの家に引き取られ、ヘルパーの印象としては「とても幸せそうで良かった」と感じました。認知症のため、娘に向かって「あなたは誰?」なんて問うようなこともたまにあります。しかし、家の中でもっとも陽当たりの良い部屋で、快適に過ごしていらっしゃいます。

 娘さんは1日に数時間は仕事に出掛けますが、朝起きた際、そして夜寝る前には顔を見て声をかけるとのこと。家族と過ごせるということは、何よりも本人の情緒にとって施設より良い環境なのだと感じます。

次のページは・・ 骨折後の通院に介護サービスが使えない

キーワード: 在宅 , 介護家族 , 介護保険制度

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 該当する記事はありません
ページの先頭に戻る