介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

歓迎されないヘルパー

ホームヘルパーという仕事の定義は、「介護が必要な方の自宅を訪問し、日常生活のお手伝いをする」ことです。お掃除や調理、オムツ交換や入浴の介助等、内容は多岐にわたります。しかしその作業内容は、主に特殊技術を必要とするものではありません。掃除はハウスクリーニング業者が行うような隅々までピカピカにするものではなく、一般的な掃除機かけやトイレ、風呂掃除。調理も一流シェフの作るような本格的な料理ではなく、ごく一般的なお味噌汁や煮物です。それでは、なぜ教育を受けて資格を持った者でなければ、ヘルパーとして訪問してはいけないのか。それは利用する方々の心理、心持ちを理解し受容したうえで援助を行う必要があるからです。しかし実際のところ、ヘルパーは誰にとっても歓迎すべき相手ではありません。

関連記事:高齢者のプライドに配慮した対応は千差万別

関連記事:ヘルパーの持つべきプロとしての意識とその影響

関連記事:触れ合うことの大切さ vol.1 コミュニケーションとは

待ってもらえる存在になる

 ヘルパーの訪問先は、時として障がいを持っている若年の方もおられますが、概ね高齢者が対象となります。この方たちは身の回りの事について、以前まで自分自身で当たり前に行って生活してきました。自分で着替え、自分で調理して、自分でお風呂にも入っていたのです。

 それが高齢になって段々と自分で行うことが困難になったり、または脳梗塞等の病気を境に突然自分で行えなくなってしまったり。そのようにして、当たり前にできていたことができなくなってしまった方々が、ヘルパーの主な対象者です。皆さんのできないことを諦めきれない心理や焦燥感を理解したうえで、その人の希望に添ったお手伝いをするのがヘルパーなのです。

 作業内容はケアマネジャーの作成する計画に基づいて行いますが、ただ黙々と掃除機をかけ、調理するわけではありません。訪問すればもちろん「こんにちは」の挨拶から始まり、調理を行う場合はメニューや味付け等の希望を会話しながら聞いて行います。

 ただ綺麗にすれば良い、ただ美味しく料理ができれば良いというのではなく、その過程を通して在宅で暮らす楽しみや意欲を引き出してゆくということが、ヘルパーの大きな役割なのです。そのためには、ヘルパーは“待っていてもらえる存在”にならなければいけないと思います。

 ただ空腹を満たす食事ならば、巷にいくらでも販売されているでしょう。また、高齢者の生活では、それほど酷く家の中が汚れるはずもありません。年をとって自分ではあまり出掛けられなくなったり、訪ねて来てくれる人が少なくなったりした方々が、「今日はヘルパーがくる日だな」と楽しみにしてくれる。そんな存在になってこそ、その作業内容が作業ではなく介護になるのだと思います。

次のページは・・ なぜ歓迎されないのか

キーワード: コミュニケーション , 介護スキル , ヘルパー

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 4
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 該当する記事はありません
ページの先頭に戻る