介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

監視?防犯?プライバシー?設置に揺れる福祉施設の監視カメラ

福祉施設においてさまざまな問題が取りざたされる現在。監視カメラの導入についても、その賛否が問われています。施設としてどう方向性を打ち出すのか。そのメリットやデメリットについて考えていきましょう。

関連記事:現場のマネジメント負担を考えるべき

関連記事:ケアマネジャーと社会福祉協議会の連携

関連記事:施設職員が考える、介護職員の健康観

1. 施設運営と犯罪

 ひと昔前まで、福祉施設に監視カメラを設置することは、いくら防犯上有効なものだったとしても、道義的に褒められたものではないという考えが主流でした。そこに暮らす方々を、カメラで監視することによって効率的に管理するイメージがあったからでしょうか。施設見学に行って監視カメラを目にすると、嫌な気分になったのを覚えています。

 しかし職員による入居者への虐待が次々と発覚する中、そういった考えは世間的にも少しずつ薄れていったように感じます。家族が不審に思って取り付けるくらいなら、やはり最初から付けておいた方が良いのではないか……と。この意見には賛否両論あり、「プライバシーがなくなる」「信頼されていないと職員の士気が下がる」「虐待の防止策なら教育に力を入れるべき」など、まだ議論の余地がありました。そして、先月起きた障害者施設の悲しい事件。この事件で監視カメラは防犯の意味では役に立たなかったようですが、「福祉施設に監視カメラは必要ない」とはもう誰も言えなくなりました。

 「利用者の安全を守る・命を守る」という観点でいえば、災害対策の方がピンとくる施設運営です。これまでいろいろな事件はありましたが、それは入居者の命を脅かす種類のものは稀でした。しかし現在はまず施設としての防犯対策に重点を、とりわけ監視カメラは標準設備と言わざるを得ない時代になったように感じます。

次のページは・・ 2. 導入にあたり、忘れてはいけないこと

キーワード: リスクマネジメント , 見守り , 人材マネジメント

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 1
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 施設職員が考える、人材育成とマネジメント

    • ●0
    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る