介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

みま〜もサミット vol.2

前回の記事、サミット開催のきっかけに続き、みま〜もサミット当日の様子を今回はレポートします。熱い想いを抱いて集まった全国の仲間とサミット参加者が一同に会した、感動の1日となりました。

関連記事:みま〜もサミット vol.1

関連記事:介護予防サービスの品質向上には専門家の参加がカギ

関連記事:MEDプレゼン2015@仙台 - 宿されし想い、いま形に

みま〜もを通してつながった全国の仲間が大森に集合!

 おおた高齢者見守りネットワーク(愛称:みま〜も)を取り組んで7年半。全国のネットワーク構築に取り組んでいるさまざまな人たちとめぐり合うことができました。「みま〜も」への一歩を踏み出していなかったら、この人たちとはきっと出逢うことはなかったでしょう。そうやって、今までみま〜もの歩みを通してつながった全国の仲間たちが、全国各地から大田区大森に集うことになったのです。

 名づけて、「みま〜もサミット2015」!

 当日資料、「開催にあたって」には、次のような文章を入れさせてもらいました。

第1回みま〜もサミット開催にあたって

今年誕生7周年を迎えたみま〜も。 『 気づいて・見守る・まちづくり 』 を合言葉に、たくさんの人と出逢い、つながり、今日まで歩んできました。その人数は、何百人、何千人、もしかするとそれ以上かもしれません。
東京都大田区で始まったみま〜もの活動が、全国各地の専門職や行政、住民の皆さんに興味を持っていただけたのは、地域性はあれども、超高齢社会を生きる日本人として、きっと最終的に目ざすものが同じだからだと思います。
そして今日、みま〜もサミットと題して、この大田区に全国から皆様をお迎えできることを、心からうれしく思っています。短い時間にはなりますが、みま〜もがホストとして心づくしのおもてなしをさせていただきますので、全国各地で活き活きと活動されている仲間たちと過ごすこの時間が、参加者の皆さんの明日からの活力になることを祈念します。

 当日の参加者は80名、なかには当医療法人財団仁医会牧田総合病院 荒井好範理事長、厚生労働省 武田俊彦審議官、東京都リハビリテーション病院 中山政昭事務長(前 東京都福祉保健局 高齢社会対策部長)なども参加してくれました。

次のページは・・ なぜ2025年の先の2035年がテーマか?

キーワード: 地域包括ケアシステム , 見守り

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 該当する記事はありません
ページの先頭に戻る