介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

「できる」「できない」の仕分けで介護に支配されない生活〜母と息子、2人暮らしの介護〜

超高齢化社会に突入した日本では、介護の問題が急速に浮き彫りになってきました。先の見えない介護や貧困などの理由から、痛ましい事故に至るケースも耳にします。介助者が、一人で全てを抱え込んでしまう状況に陥らないようにする。そのためには、家族に介護が必要になった早期のうちに、「介護のある生活」の基盤作りが出来ることが重要です。晩婚化や結婚しない人が増えている中では、未婚の子と要介護状態の親という暮らしも珍しくありません。そんな2人暮らしにおける介護について、実例を見ながら考えていきましょう。

関連記事:介護職員がケアプランを把握することの意義を考える

関連記事:「ぼけ」「痴呆」から「認知症」へ……名称変更と共に失われたもの

関連記事:軽度者の給付カットが意味するもの

親の介護で生活が一変する

 介護が必要となった母親を、同居者である独身の息子さんが介護していく。こうしたケースは意外と多く見られます。一概には言えませんが、子が何かしらの理由で定職に就いておらず、親子2人の生活の中で親の年金が主な収入源である……という場合も少なくありません。

 このような環境下では、同居者である親に介護が必要なった場合、年金収入から介護にかかる費用を新たに捻出せざるを得なくなってしまいます。また、母親に介護が必要になったのであれば、これまで母親が行ってきた家事を含む家庭の仕事を、誰かが担わなくてはならないでしょう。同居している親に介護が必要になったことで、経済面や家内の役割など、生活が一変してしまうことになります。

次のページは・・ 介護保険申請したその後は……

キーワード: 介護家族 , ケアプラン , 介護保険制度

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. サ高住入居者の「置かれた立場」に注意

    • ●0
    • ●0
    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る