介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

「自分で出来ることは自分でしましょう」〜言われたらどんな気持ち?〜

介護の現場では、よく「自分で出来ることは自分でしましょう」と利用者さんに声がけすることがあります。実際、介護職として働いたことのある人なら、一度はこの声がけをしたことがあるのではないでしょうか。私自身も長い介護職の中で、何の疑問もなく使っていました。また、ケアマネジャーの業務を行うようになってからは、ケアプランに記載したこともあります。これは自立心の維持と向上を支援するという意味で「どうか自分で出来ることがいつまでも出来るようであってほしい」という周囲の願いも込められており、本来は悪意もないのです。しかし、この何気ないフレーズに違和感を感じるような気付きと出来事がありました。

関連記事:施設職員が感じる、日常生活に潜む傷病 Vol.2

関連記事:介護現場におけるリスク管理の基本

関連記事:介護職員がケアプランを把握することの意義を考える

「出来ること」がいつでもできるわけではない

 脳梗塞後遺症のため、左半身麻痺をきたしている65歳女性Aさん。身体状況や自宅の環境、介護の人手の面から介護老人保健施設の利用を余儀なくされています。

 長男が遠方から帰省するタイミングで自宅に帰る3か月に1回の外泊を楽しみに、施設でのリハビリを頑張ってきました。介護老人保健施設での生活は3年目を迎えました。発症時の年齢が若かったこともあり施設での規則正しい生活や行事やレクリエーション活動など、毎日の施設での生活全体をリハビリと理解し意識して暮らしています。

 介護職員の多くは長男と同年代で、その働きぶりに目を細め優しい言葉がけをしてくれます。介護職員が困るようなことはしませんし、逆に他の利用者さんよりも自身が若いため、自分で出来ることは自分で行って介護職員の手を煩わせないようにしようと意識しています。介護する側からすると「対応しやすい利用者さん」です。

 そんなAさんが風邪をひいたのをきっかけに動作が不安定になってしまいました。いつものように要領よく車いすに移乗が出来ません。一人で出来ていたトイレでの排泄もできません。申し訳ないと嘆くAさんに、「体調が悪い時は仕方ないよ、遠慮しないで呼んでください。」介護職員はそう声をかけました。

 数日の後、風邪の症状は治まりましたが食欲も減退していたAさんは体力が低下してしまいました。傍目には風邪も治まったのでいつものAさんに戻ったように見えますが、Aさんは車いすへの移乗やトイレまで自走することも一人ではできないと感じています。ナースコールで介護職員を呼び「すみません、手を貸してくれる?」Aさんは済まなそうに頼みました。

 介護職員は「自分で出来ることはやってみましょう。風邪も治ったのだし、いつまでも頼っていてはAさんのためになりませんよ」と言いました。Aさんは「そうよね、でもまだ不安で。体に力が入りにくくて」と言いながら介助をしてもらいました。

 「自分でできるなら頼まないのに……」

 Aさんは、心の中でそうつぶやいたそうです。

次のページは・・ 介護される側の本音

キーワード: 老人保健施設 , チームケア , 要介護

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 6
賛成 1
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 24時間の介助や姿勢を考える大事さ

    • ●0
    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る